blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2010/11/28の日記

日帰りで上京し、立教大学グリークラブOB会の総会および懇親会へ数年ぶりに出席。

往路は朝9時35分発の上越新幹線に乗車、上野駅から山手線に乗り換え、11時半過ぎに池袋着。東口でちょっとした買い物ののち、駅の反対側にある立教大学池袋キャンパス第一学生食堂へ。



12時半からは総会。議題は、決算および予算案の承認、会長任期満了に伴う改選(会長ご本人の立候補で再任となった)および幹事の一部交代、会則の細部文言改定など。

ひとつ引っかかったのは議事進行役の人選。会長が議長役を務めたのだが、議長役は議題にかかわりのない別の幹事さんが担当したほうがよかったのではと思う。特に今回は会長改選手続きがあったし。



総会に続き、13時半から懇親会。出席OBOGの人数が総会から倍増するのは前回参加時と変わらず。何年か前から懇親会ではOB会傘下の合唱団によるミニコンサートの場が設けられるようになり、その影響が大きいものと見受けられる。

立教大学グリークラブ現役部員も、新年度の幹部・準幹部を中心に男女十何名かずつ来ていた。その中にツイッターでせきと個人的つながりのある部員が数名いることがわかり、話のとっかかりが作りやすかった。


懇親会前半は来賓紹介、校歌合唱(斉唱でなく)、チャプレン挨拶、OB会長挨拶、OB会から立教学院への125周年事業寄付金25万円贈呈式、皆川達夫名誉部長の発声による乾杯。乾杯後まもなく皆川先生にご挨拶申し上げようとしたら、早々にお帰りあそばされたようで、お姿が見えなくなっていた。

乾杯後は美酒に酔いしれたかったけれどが、先月半ば過ぎに出た喘息(闘病記および後日談)の発作が再発するといけないので、アルコールは乾杯時のビール1杯だけにとどめた。豪勢なオードブルもそこそこに、ご無沙汰申し上げている諸先輩のもとへ挨拶に回る。


ひとしきり歓談タイムが盛り上がった頃合いで前述のミニコンサートが始まった。演目を以下に列挙、たぶん順不同。

OB合唱団 セントポール・シニア・グリークラブ:H. A. Marschner「Staendchen〈小夜曲〉」

SSGと略されることが多い男声合唱団。曲目は古くから伝わるリーダーシャッツの佳品だが、平成卒だと現役時代に歌った人よりもOBになってから知った人のほうが多いはず。

女声合唱団しおん: Thomas Morley「Now Is the Month of Maying」

イギリスのルネサンス期マドリガルを指揮者なしで。来年4月3日の単独リサイタルで取り上げる由。

OB・OG合唱団 トリニティコール:「野ばら」

シニア世代の混声合唱団。Franz Peter Schubert作曲のとHeinrich Werner作曲のをつなげて組み合わせた編曲を日本語詞で。

OB男声合唱団: 多田武彦「甃のうへ」

来年10月23日の単独リサイタルで歌う、組曲「わがふるき日のうた」第1曲。リサイタルでは常任指揮者・高坂徹先輩のステージで演奏されるが、今回はBassパートリーダーの先輩が指揮し、高坂さんはフロアで聴いておられた。

OB有志:Giovanni Pierluigi da Palestrina「Adoramus te, Christe」

ほぼホモフォニーのルネサンスモテット。大昔の愛唱曲だったらしい。楽譜が配られたので、せきも初見で飛び入り。

53’s(ゴーサンズ):「Georgia on My Mind」

昭和53年卒OBによるバーバーショップカルテット。歌う前のスピーチで「OB男声の下部組織」と自己紹介。

現役男声:多田武彦「雨後」

組曲「追憶の窓」第3曲。六連や男声定演では歌わなかったはずだがと思って尋ねてみたところ、静岡演奏旅行のアンコールで歌ったとの返事。

現役女声:中村八大「上を向いて歩こう」

ヴォイスアンサンブル風味の凝った編曲(どなたの手によるものか知らない)。愛唱曲かな?


ご歓談タイムののち「遠隔地から来た出席者に一言」ということで4名のOBが壇上に呼ばれる。宮城県在住の先輩、京都府在住の先輩、青森県在住の先輩、しんがりにせき。自分は次のようなことをしゃべった。

  • 遠隔地ということで紹介いただきましたが、長岡からだと新幹線で2時間あれば上京できるので、お気遣いには及びません。
    (他意はなかったのに、司会進行役のOGを恐縮させてしまった)
  • 8月から新しい仕事に就きました。
    (身の振り方などでご心配くださったOBOGがいらっしゃるので)
  • 地元でコーラス活動を続けています。
    (新潟ユース合唱団について「定年退団」と言ったら笑いが起きた)
  • ここに出席したOBOGの中でいちばんの若輩が相変わらず自分なのは寂しい限り。現役のみなさん、卒団したら是非OB会の活動に積極的にかかわってください。
    (ここでOB会幹事の方から拍手をいただいた)
  • グリーファミリーとして体験したこと・学んだこと・教わったことは、地元でのコーラス活動で大いに役立っています。この場を借りて感謝申し上げます。有難うございました。

スピーチののち、せきが新潟県人と初めて知った諸先輩や、年代や職業などに反応した現役女性部員が、何名か話しかけてくださった。

そのお一方がOB会幹事の音楽担当、田中秀男先輩。栃木県合唱連盟の前副会長でもある田中さんから「新潟県合唱連盟に立教グリー出身者がいると聞いてるが……」とお尋ねをいただいたものの、当方あいにく存じ上げず、申し訳ないことをいたしました。


懇親会後半は、昨年度に第2版ができたOB会愛唱曲集に載っている曲を皆で歌うという趣向。男声合唱でGregorio Allegri「Miserere」(Archibald Thompson Davisonによる抄録編曲版)、女声合唱で中田喜直「忘れなぐさ」(ピアノ付きの曲だが今回は無伴奏)、混声合唱でWolfgang Amadeus Mozart「Ave Verum Corpus」(同前)。いずれも現役生にとっては歌ったことのないレパートリーらしく、お開きのあと現役はOB会愛唱曲集をその場に積まれているありったけを持ち帰っていた。

そして、立教大学第二応援歌「St. Paul’s will shine tonight」と、聖歌497番「神ともにいまして」を一同で大合唱し、16時にお開き。なお、この2曲については「グリフェス動画 公開スタート」という記事に概説をまとめてますので、ご興味のある方はどうぞ。



OB会作成の愛唱曲集を手に取り、充実ぶりに感嘆した。立教グリー出身の皆さまは必携だと思いますよ。

全19曲のうち「U BOJ」以外すべてOBの手で新たに浄書しなおされている。見やすい譜面だが、唯一気になるのは、ルネサンス曲の譜面が現代五線譜と同形式の小節線で表記されている点(そのほうが譜読みしやすい人がいるのもわかるが)。皆川名誉部長がご覧になったらお叱りを受けるかも。



お開きのあと、せきは銀座のヤマハに寄って楽譜を物色したのち、東京駅から上越新幹線で家路につき、21時ぐらいに帰宅。楽しいひとときでございました。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme