blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2011/01/12の日記(その2):練習後の宴

『2011/01/12の日記(その1):えちごコラリアーズ練習』の続き。


練習後、伊東恵司音楽監督と出席者の大半で、22時過ぎから駅南にある居酒屋で一席設けた。

宴にいたメンバーは新潟大学の学部生が多く、しかもそのうち何名かが昨年暮れに大阪で催された「第3回大学生合唱指導者合宿」参加者。この合宿には伊東音楽監督が講師のおひとりであった。合宿参加メンバーの中には、合宿で「伊東先生に会う機会は今後一生なかろう」と思ってサインをもらったのに、えちごコラリアーズに入ったため当人予想外の形で再会を果たしたという人もいた。

宴の途中から、別の団体の練習指導のためえちごコラリアーズ練習の場にいなかったtek310指揮者が登場。当初tek310さんを待って乾杯しようという話も出たのですが、いろいろあって到着前に乾杯と相成った。


宴の場は、藤田代表の進行で「伊東さんに質問大会」。

大学生は皆さん真面目で、合唱関係の質問ばかり。たとえば「4年生の卒業で新年度はメンバーが半減してしまう。少人数でやっていくにはどうしたらよいか」「男声合唱と混声合唱のサウンド作りで違うポイントは?」「学生指揮者志望だけど、指揮者にはどうすればなれるのか」「アンコンで『彼』を取り上げる。組曲『いつからか野に立つて』をレコーディングなさった先生に、この曲のポイントを教えてほしい」などなど。

伊東音楽監督は一つ一つ丁寧に答えておられ、その延長で「三善晃・鈴木輝昭は日本が誇る作曲家だ」「自分は信長貴富や千原英喜の作品を特に力を入れて取り上げていきたい。千原先生は自分と同じ関西の人だし、何よりお二人は同世代の作曲家であるから」「松本望は天才」などともおっしゃっていました。

鈴木輝昭氏の名前が出たあたりで、鈴木氏の初期作品で超絶的な混声合唱曲「道成寺縁起」について話を交わしたメンバーもいましたっけ。


そうこうしているうちに、せきも質問するよう求められた。始めは選曲方面についての興味が頭にチラつく。だが、大学生合唱指導者合宿へ足を運ぶようなメンバーがいる場なので、彼らが学生指揮者になったら必ずやぶち当たるであろう「練習指揮者(下振り)と、自ら本番を振る指揮者との違い」について伺うことにした。このテーマを選んだ背景には、tek310指揮者がブログでここ1〜2年ほど時々苦悩の一端を記していることも念頭にあった。

伊東音楽監督からのお返事は、大体こんな主旨だったように認識している。「この問題は自分も長いこと考えてきた。アマチュアが多い日本の合唱界では、トレーナーとしての練習指導者は欠かせない。でも、トレーナーだけでは音楽は作れない。技術指導のできない指揮者だって素晴らしい演奏を作り出すことはできるけど、音楽のないトレーナーに指揮者は出来ない」。遺漏や覚え違いがあったらごめんなさい。いただいた回答を今こうして文字にしつつ反芻し、タクトを振るということの原点を見失わないことが肝要なのかなと思っている。


後半、藤田代表が合唱以外の質問もするように促してから「最近ご覧になって感動した映画は?」「お住まいの京都でおすすめのお菓子は?」といった、やや砕けた質問も飛び出すようになった。後者へのお答えの中で「365種類の和菓子を日替わりとして紹介した本があって、それを眺めているだけで幸せ」とおっしゃっていたのが興味深かった。


大学生合唱指導者合宿で講師のお一人で、新潟大学合唱団を指揮する、名島啓太氏の話題も出た。そこで、「名島先輩 → 名島先生」として書いたことの一部について話をした。


藤田代表は伊東音楽監督に「えちごコラリアーズがアンサンブルコンテストやコンクールで金賞を獲ったらステージを振ってください」とお願いしていた。ご快諾いただいた、のかな?


日付が変わったあたりか、伊東音楽監督とtek310指揮者が一足先に退席。藤田代表も同伴したが、たぶん駐車場までお二人を送って、宴の場に戻ってきた。そして24時半過ぎに残った一同もお開き。


練習・宴を通し、音楽監督も代表もメンバー一同も皆さま大きな手ごたえを感じたようで何よりだったと思う。お疲れ様でした。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme