blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2011/11/27の日記(その1):立教大学グリークラブOB会総会・懇親会

日帰りで上京し、立教大学グリークラブOB会の総会および懇親会へ昨年に引き続いて出席。


往路は今年も朝9時35分発の上越新幹線に乗車。ただし上野駅からでなく東京駅から山手線に乗り換えたので、池袋着は12時ちょっと前。立教大学池袋キャンパス第一学生食堂へ直行。



12時半から総会。決算および予算案の承認と、2011・2012年度の行事予定確認など。せきの隣には現役正準のキャプテン・女声責任者が座っていた。

立教グリーのOBOGは1,700名以上いるものの、各種文書を送ると結構な部数(約200だか300名だか)が宛先不明で戻ってくるとのこと。住所変更などを連絡しないOBOGは特に若い代に多いらしい。校友会と連携を取って住所データを補完しようとかいう話も出ていたが、個人情報の取扱いが厳格になっている昨今うまくゆくものかしらん。

高坂徹先輩を見かけたので挨拶しようかと思ったが、しそびれる。総会終了後すぐ法政大学アカデミー合唱団(大久保昭男先生や久邇之宜先生が指導しておられたり、高坂氏が学生指揮者に指揮法を教えておられたりなどのつながりがある)の演奏会に移動なさったのかな?



総会に続き、13時半から懇親会。例によって、出席OBOGの人数が総会から倍増。現役が新年度の幹部・準幹部を中心にたくさん来ていたことやOBOGの中では恐らくせきが最も若輩であったことは昨年に同じ。昨年よりかは若干平成卒のOBOGが多かったのがせめてもの救い。

懇親会前半は来賓紹介、校歌合唱、チャプレン挨拶、OB会長挨拶、OB会から立教学院への125周年事業寄付金25万円贈呈式など。皆川達夫名誉部長、今年はいらっしゃらなかった。

御挨拶したOBOGや話しかけてくださったOBOGは、大先輩にあたる年代のOBや、せきの1年先輩にあたるOBや、しおんのお姉さま方など。このブログを読んでいるとおっしゃったOBもお二人ほどいらして恐縮。

飲み物は烏龍茶だけ。昨年10月に呑んだことが引き金で喘息の発作を起こして以来、出かけたときはノンアルコールにしているのだ。


ひとしきり歓談タイムが盛り上がった頃合いでミニコンサートが始まった。出演者を順不同にて。タイトルは覚えているものだけ書きます。

柳時京チャプレン

特別出演。別に録音したピアノ伴奏とともに、ふるさと韓国の歌を独唱。立派なバリトンであった。

53’s(ゴーサンズ)

渋さ溢れる洒落たバーバーショップカルテットのハーモニー。

OB合唱団 セントポール・シニア・グリークラブ:藤橋清助「まなびや 〜我らのふるさと〜」

団員によるオリジナル曲。今回作詞者も作曲者もいらっしゃらなかった代わり、作詞者御令嬢の小坂幸世氏がご自身の編曲によるピアノで共演。楽譜が配られ、1番だけ一同で斉唱し、2番以降をセントポール・シニア・グリークラブの方々が合唱。せきもハンドサインしつつ初見で歌ってみた。

そういえばこの曲って「日本の絶版・未出版男声合唱曲」未掲載でしたね。すみません先輩の皆様。次回の更新で反映させます。

女声合唱団しおん

来年2月18日の単独リサイタルで取り上げるというイタリア(だったかな)の現代曲を。

OB・OG合唱団 トリニティコール:森ミドリ「精神歌」

宮澤賢治をテクストとする無伴奏の小品。この団体が今年10/29に津和野の安野光雅美術館でステージを持った時に初演したとのこと。カワイ出版の「歌おうNIPPON」プロジェクトに提供する曲だという話を指揮者の田中秀男先輩がなさった(ただ、現時点で同プロジェクトのサイトに「精神歌」はリストアップされていない)。

OB男声合唱団: Josquin des Prez『Missa Mater Patris』より「Kyrie」

立教グリーにとっては皆川名誉部長による編曲がおなじみだが、今回は盟友・同志社グリーで演奏されているElliot Forbes編曲版での演奏。メンバーの大先輩がせきの袖を引っ張って一緒に歌おうと誘ってくださったが、幹部のお一人である別の先輩から「編曲が違うからやめとけ」と制止された。

現役男声:Tom Gentry編曲「Sound Celebration」

せきが越後に本拠地を移してから首都圏や関西の大学合唱団でブームになったバーバーショップのレパートリー。今も歌い継がれているのですねえ。

現役女声

現2年生で新年度から準女声責任者になる部員が編曲したとのこと。なかなかどうして見事なサウンド。


しめくくりに、OB会愛唱曲集より、混声合唱でWolfgang Amadeus Mozart「Ave Verum Corpus」のピアノ抜き版と、立教大学第二応援歌「St. Paul’s will shine tonight」と、聖歌497番「神ともにいまして」を一同で大合唱し、16時にお開き。



お開きののち、せきは早稲田大学グリークラブ定期演奏会を聴きに上野の東京文化会館へ急いだ。詳しくはのちほど(たぶん今週末か来週前半ぐらいに)別記事で。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme