blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2012/01/29の日記:第10回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテスト

合唱団Lalariの助っ人として、第10回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストに出演。


今回の会場は新潟市北区文化会館。旧・豊栄市に行くのは生まれて初めて。下道だと3時間ぐらい見なければいけなさそうだったので、高速道での移動。家を11時過ぎに出て12時半前後に豊栄入りしたが、目的地へのルートがよく分からずあちこちさまよう。

やっと北区文化会館に着いたものの、会場周辺には飲食店が少ない。1軒見つけたラーメン屋は大混雑で、そこで食べたら遅刻確実。仕方なくコンビニでスパゲティを買い求め、直前練習の場所である豊栄地区公民館(北区文化会館のすぐ隣)で昼飯をいただく。


直前練習は13時40分から30分ちょっと。前日のおさらいと、怪しいところの確認。

北区文化会館に移動し、中高生の部1団体(団体名失念)と、一般の部2団体、女声アンサンブルirisおよびレディースクワイヤJuneを聴く。このホールはよく響くぶん、歌い手個々人の個性も増幅するので、とにかく合わせにいくほうがよさそうだという印象を受けた。あと、場内はやたら乾燥する上、昨年オープンしたばかりでまだ建材が落ち着いていなくて微細な粒子が舞い散っているようで、現時点では歌い手の喉にあまり優しくないホールだとも感じる。

中高生の部と一般の部の間で、着替え。今回は中高生の部だけ表彰式を先に済ませてしまい、そのあとで一般の部という進行だったので、間の時間がやたらあいたのだ。ただ、中高生の部と一般の部で表彰式を別々にするのは、あまり好ましくないと思った。表彰式が終わったあと生徒児童御一行様がごっそりと帰ったからだ。そんなわけで一般の部、特に後半の出演団体は、閑散とした客席の前で演奏する羽目になった。

男子更衣室には男声合唱団蘖やVOX ORATTAの人たちがいた。仁階堂孝先生が松葉杖をついておられたことに一驚(接点がないもので話しかけることがなく、そのときは事情が分からず。あとでご本人のツイートを読み、前日に転倒して腰を強打したためと知った)。


規定の直前リハーサルののち、本番。フォーメーションは全員ベタの半円形1列。実際に舞台の上で歌うと、隣の人の声以外には向かいにあたるSopranoしか聴こえなかった。

なお前日の練習で、せきが音取りのピッチパイプを吹くことになった。初めての役割だったが大過なく済んだ。


表彰式。Lalariは銀賞。まだ録音を聞いてないし、どんな講評をいただいたかも教えてもらってないけど、練習での感触からすると然るべき結果だったのだろうな。

各方面に御挨拶し、19時半ぐらいに豊栄から家路につく。21時過ぎに帰宅。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme