blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2012/10/06の日記:えちごコラリアーズ練習

えちごコラリアーズ練習 於 関屋地区公民館(新潟市中央区)に参加。この団の公式練習に参加するのは、今年3月末以来、半年と1週間ぶり。


移動は下道、久々のマイカー。

公民館には13時間際に着いたものの、付属の駐車場が満車のため別のところに車を移さざるを得ず、結果として数分の遅刻。2F保育室に足を踏み入れたら、来ていたのは2名だけ。後から学生さんたちが合流してきて、最終的に計8名。

発声がわりに、tek310指揮者のリードで、今月27日に出張演奏で伺う学校の校歌主旋律を音取り。せっかくなら男声合唱に編曲してみようかと申し出たものの、どうなることか。

これから約1か月の間、近藤基先生レッスン、前述の出張演奏、坂本かおる先生レッスン、出張演奏(前述のとは別)と、イベントが目白押しということで、なるべく多くの曲をさらった。


歌ったのは校歌以外に、福永陽一郎編曲「砂山」、竹花秀昭編曲「斎太郎節」、Kodaly Zoltan作曲「Karadi Notak」、Michael McGlynn作曲「Dulaman」、Javier Busto作曲「Christus factus est」など。大学時代にさんざ歌いまくった「斎太郎節」以外、せきはステージにのせた経験なし。

今夏のコンクール自由曲として歌った「Karadi Notak」は音取りの初期練習しか参加していなかったため、発音を手とり足とり指導いただく。

「Dulaman」はほぼ初見。譜面を眺める程度には予習していたが、音型の異なるパターンでつまづいてしまった。

それ以外は2012/09/16の自主練で触る機会をいただいたので、どうにかついていくことができた。

締めに「梅雨の晴れ間」を歌い、17時ちょっと前に解散。


一同は女池のラーメン屋で早めの夕食会を催したが、せきは最初の2〜3分だけで失礼し、帰宅。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme