blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2012/12/16の日記:えちごコラリアーズ練習

えちごコラリアーズ練習 於 新潟市西地区公民館に参加。当初は関屋地区公民館でやる予定だったが、急遽の衆院選で変更になった。西地区公民館へ行くのは久しぶり、2012/03/18以来


移動は例によってマイカー。10時過ぎに家を出て、2時間ほどで新潟市西区内野に到着。昼食をいただき、コンビニで買い物をし、練習会場へ着いたのは12時50分ぐらい。

今回からメンバーに配布を始める「ホワイトデーコンサート2013」チラシ・チケットとか、他団の演奏会に挟み込みをお願いする分のチラシとか、演奏会マネージャー仕事で大荷物だったので、事務室で台車を借りて練習会場へ搬入した。


今回も練習見学者がいらした。かぷとくんの中学の後輩にして、現在はムレ氏の出身高校に通う3年生。

13時50分頃まで発声および耳のチューニングをし、まずは1ヶ月後に迫った新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストで歌う、Javier Busto作曲「Christus factus est」を1時間半ぐらい。ハーモニーを磨くために発声から見直してゆく練習が主。

このあとの休憩中に「ホワイトデーコンサート2013」終了後の企画などについての話し合いが挟まる。

休憩明けは、同じく新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストで歌う、Michael Philip McGlynn作曲「Dulaman」。少しずつ本番を意識したサウンド作りへとシフトチェンジしていく。

16時15分ぐらいから、多田武彦作曲「紺屋のおろく」「かきつばた」(男声合唱組曲『柳河風俗詩』より)の音確認。この組曲だけBaritoneからBassへと移動する人が多いようなので、せきはBaritoneへの移動を申し出てみたけれど「Bassのまま続けるように」とのこと。

最後の30分ほどで、Camille Saint-Saens作曲「Saltarello」を少々おさらい。なじんでいくと楽しい曲。


17時半ちょっと前に解散、そのまま帰宅。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme