blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2013/01/19〜01/20の日記:第11回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストおよび前日練習

えちごコラリアーズの一員として、第11回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストに出演。今回は前日練習のことも一緒に書く。


1月19日(土)

15時半より、新潟市西地区公民館2Fの和室で前日練習。

今回、新大室内合唱団の面々が混声合唱アンサンブル「コール・ヴィオルトゥオーゾ」と男声合唱アンサンブル「夜中の小山」でも出場しており、彼らの練習スケジュールの都合から18時半過ぎに解散。

かぷとくんを送り届けたのち、文房具店へ。買い物するつもりでいろいろ見ていたら、閉店時刻21時間近まで居てしまった。その後晩飯。

雪で往復を繰り返せるかどうか懸念が残るため新潟駅南に投宿。レンタルパソコンを使いたかったのだが、チェックイン時にはもう出払っていた。

ホテルの部屋では「HARMONY」冬号を読み、午前0時過ぎに就寝。

1月20日(日)

10時ちょっと前にチェックアウトし、スーパーで昼ご飯を買い求め、ヴォーカルアンサンブルコンテスト会場の新潟市音楽文化会館へ。

えちごコラリアーズの団体受付を済ませ、ホールの様子見を兼ねて高等学校の部を8団体目あたりから拝聴。頑張らなくても音が通るホールという印象を持った。

高等学校の部が終わって早々、代表さんとホワイトデーコンサートのマネジメントについて打ち合わせ。打ち合わせ後は団自前で借りていたリハーサル室で13時から練習だったのだが、せきは昼食をいただいたのち途中合流。

14時からリーダーがtek310氏にバトンタッチ。最後の最後までハーモニーをひたすら磨いてゆく。

ステージ衣装に着替え、一般の部1団体目の女声アンサンブルIrisのステージを聴いたのち、プログラム進行に組み込まれた直前リハーサル。客席を出るときVOX ORATTAの女声陣とすれ違う。

本番。Javier Busto「Christus factus est」とMichael Philip McGlynn「Dulaman」の2曲を演奏。あとで録音を聴いても、特にBusto曲において、練習で積み上げた成果は概ね遺憾なく発現できたように感じる。

演奏後そのまま客席に移動し、次の団体から最後まで拝聴。審査休憩のとき男声更衣室に戻り、閉室を促される中を大急ぎで着替える。

表彰式。えちごコラリアーズは銀賞。ちなみにIris、VOX ORATTA、コール・ヴィオルトゥオーゾ、夜中の小山、いずれも揃って金賞。

代表さんとかぷとくんを新潟駅万代口前まで送り届けたのち、帰宅。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme