blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2013/03/16〜17の日記:えちごコラリアーズ本番直前合宿

えちごコラリアーズ「ホワイトデーコンサート2013」は無事終演しました。が、ブログの記事が追いついていません。打ち上げで近藤基先生に催促されてしまったので、カレンダーを9日ほど遡って、前週に新潟市西蒲区岩室で行われた本番直前合宿のことを、取り急ぎ書きます。


3月16日(土)昼の部

12時半過ぎより17時半ごろまで、客演指揮者の近藤基先生をお迎えし、某所(団の公式ブログに倣い、固有名詞を秘す)で第3ステージの練習。

第3ステージ+アンコールの全5曲を通し、そのあと1曲ずつ順に修正していく形で進められた。前半2曲がボロボロで3曲目あたりから少しずつ整ってきたような感じだが、喉があたたまって耳が開いてくるまでに時間がかかったのだろうということにしておきたい。

いただいた指摘は、音符の長さ(特に、一部のパートが早く切れ、一部のパートだけが残るパターンの箇所)についてや、ピッチの取り方によるハモらせ方の微調整などについてが主。楽譜に記載のないテンポ・音量の変更指示もいくつか。

フランス語の発音に対するダメ出しも多数。しかも大半が昨年11月23日の魚津練習で指導されたことの繰り返しだったのが申し訳ない限り。

近藤先生は別の予定がおありとのことで、この練習だけでお帰りになった。

3月16日(土)夜の部

別の場所へ移動し、第1・2ステージ曲を中心に練習。せきは学生を2度に分け車に乗せてピストン輸送。

練習進行役はまず代表さん、途中から信州大学グリークラブOBの木越くんが担当。

木越くんの練習は、楽曲全体を俯瞰したうえで、物語の中で個々の箇所がどういう役割を占めるかという観点からアプローチしていくもの。技術指導だと、掌を広げた状態で手を上にあげることにより姿勢を正して発声を直す(せきはその後も折に触れて実践している)とか。おかげでもやもや感がずいぶん晴れた。みな好感触を得たみたいで、当初は1曲だけという話だったらしいが、急きょ別の曲も追加でみてもらうことになった。

一同は合宿所で夕食・就寝。だがせきは泊まらず、長岡の自宅へ戻ることにした。ちょうど、別のメンバーが翌日長岡で用事があるということで、せきの車で乗せて帰った。

3月17日(日)

朝の部の練習は、前日昼の部と同じ場所で、9時ぐらいから始まったようだ。せきは10時過ぎから合流。進行役はムレ氏と木越くんが分担。

昼食は合宿所で、代表さんお手製のカレーライスをいただく。

昼の部の練習場所は、前日夜の部と同じ建物。ただし前回は洋室だったが、今回は和室。進行役はムレ氏。

16時半過ぎに解散。帰途、長野県からの参加組をマイカーに乗せて長岡駅まで送った。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme