blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2013/06/01の日記(その2):レディースクワイヤJune 2013コンサート

えちごコラリアーズの自主練を終え、有志一同で新潟市音楽文化会館へ移動し、レディースクワイヤJuneさんの演奏会を聴いてきた。賛助出演させていただいたことはあるが、客席で拝聴するのは初めて。

出演者、スタッフ、来場者の皆様、お疲れ様でした。おかげさまで見事なサウンドを堪能致しました。


指揮は全ステージ箕輪久夫先生。ピアニストは団員さんがステージごとに交代で務めた。

今回は思うところあり、プログラムパンフレットのうち演目紹介のページをスキャンした画像を当記事に添付してみた。
「レディースクワイヤJune 2013コンサート」プログラム

第1ステージ

  • Missa Brevis
    (作曲:Hatfield)
  • Ave Maria
    (作曲:佐藤賢太郎/ピアノ:齋藤美香)
  • Ave Regina Caelorum
    (作曲:佐藤賢太郎/ピアノ:齋藤美香)

レディースクワイヤJuneさん単独による、現代宗教曲ステージ。一人一人がしっかり歌っているのが素晴らしい。

『Missa Brevis』からは「Kyrie」「Gloria」「Sanctus」「Agnus Dei」の4曲を演奏。パンフレットでは作曲者名が「Hatfield」としか書いてないけど、カナダの作曲家・Stephen Hatfieldのことで、ミサ全曲を演奏したみたいですね。

残り2曲、パンフレットには「佐藤健太郎」とあったけど、指揮者の譜面台に置かれた楽譜の表紙はどう見てもKen-Pこと佐藤賢太郎氏によるもの。

第2ステージ

女声(同声)合唱とピアノのための「四季三昧」
編曲:高嶋みどり
ピアノ:山際規子
  • 春三昧(春よ来い/チューリップ/春が来た/めだかの学校/春の小川/花)
  • 夏三昧(イルカはザンブラコ/うみ/夕日/たなばたさま)
  • 秋三昧(紅葉)
  • 冬三昧(雪/お正月/一月一日/春よ来い)

レディースクワイヤJuneさんと、同じく箕輪先生に指導を仰ぐ女声合唱団「アンサンブル・ロゼ」さんとの合同演奏。

出版譜を目にしたときは「とっつきやすそうで面白そうなメドレー」という印象で、耳にする機会が少ない理由が謎だったのだが、聴いてみてわかった。ポリフォニックに凝っていて案外ハードルが高い編曲なのだ。歌いこなした皆さんに拍手。

パンフレットに編曲者名が書いてなかった。あまり知られていない曲集(演奏頻度の事情などか?)ということもあり、このステージのあと、誰のアレンジか尋ね合う声が客席からちらほら。

第3ステージ

イタリア古典歌曲より
ピアノ:川村裕子
  • Pur dicesti, o bocca bella
    (作曲:A. ロッティ/編曲:J. Roff)
  • Dormite, begli occhi
    (作曲:L. ロッシ/編曲:J. Erb)
  • Le Violette
    (作曲:A. スカルラッティ/編曲:青島広志)
  • Lungi dal caro bene
    (作曲:G. サルティ/編曲:青島広志)

アンサンブル・ロゼさんの単独ステージ。全曲原語歌詞で、様式にのっとった節度ある演奏。

ところで1曲目の編曲者は、Walter RobdyとJoseph Roffの連名じゃないんでしょうか?

第4ステージ

  • 女声合唱とピアノのための「明日のりんご」より きょうの陽に
    (作詩:新川和江/作曲:高嶋みどり)
  • 女声合唱とピアノのための2章「無声慟哭」より 松の針
    (作詩:宮澤賢治/作曲:新実徳英)
  • 女声合唱とピアノのための「アノクダッチ幻想曲」より 石英の砂
    (作詩:宮澤賢治/作曲:西村朗)
  • 女声合唱とピアノのための組曲「雨ニモマケズ」より 雨ニモマケズ
    (作詩:宮澤賢治/作曲:千原英喜)

3曲目まではレディースクワイヤJuneさんの単独演奏で、「雨ニモマケズ」のみアンサンブル・ロゼさんと合同。パンフレットではピアニストが「井村優子・川瀬景子」とクレジットされていて、連弾とかではなく途中で交代しての演奏だったが、どの曲をどなたが弾いたか分からず。

1曲目は全日本合唱コンクールの課題曲で、「四季三昧」と音の重ね方が少し似ているあたり、近年の高嶋みどり作品っぽい。残りの曲のどれかを自由曲として歌うんでしょうね。いずれ劣らぬ演奏。

箕輪先生が新しいレパートリーを積極的に開拓しておられることにも感銘を受ける。第1ステージのKen-Pもだし、「アノクダッチ幻想曲」「雨ニモマケズ」も初演・出版から日が浅い曲だし。

アンコールは、新潟ではおなじみ、山田ゆきえ作詩/佐藤さおり作曲「またね」ピアノつき女声合唱版を、2団体合同で。


翌日も練習があるが、来週末に宿泊する予定があり、2週連続の宿泊はお財布がしんどいので、終演後は長岡に帰宅。

事務用品店を覗いたのち、黒埼のラーメン屋へ夕食を取りに寄ったら、さっきまで一緒だったえちごコラリアーズの面々に遭遇。「類は友を呼ぶ」ですかね。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme