blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

【本サイト更新】2013/12/07 22:50

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。

  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • ア行の作曲家(オ)
      • 大島ミチルの項を更新
        (『御誦』に加筆)
    • ハ行の作曲家(ハ〜ヒ)
      • 服部公一の項を更新
        (『男』に加筆)
    • マ行の作曲家(マ)
      • 松下耕の項を更新
        (男声合唱版『この星の上で』初演終了を反映)


大島ミチルの項の今回更新は、ツイッター上でのご教示および以下のやり取りに基づくものです。

補足すると、せきの記憶が確かならば、「第46回早稲田大学グリークラブ定期演奏会(1998年)プログラム」掲載の北村協一先生インタビューに、新月会(関西学院グリークラブOBの男声合唱団)が亀井氏の指揮で初演したという趣旨の発言があったはずです。これは安藤龍明氏が紹介している1982年の演奏記録「第19回エレクトーンフェスティバル全日本大会」と符合するので、少なくとも初演指揮者・合唱団についてはほぼ間違いないと思われます。ただ、初演が第19回エレクトーンフェスティバル全日本大会より前に行われた可能性を支持ないし棄却する傍証にも巡り合えておりません。そんなわけで、さしあたり初演者について「(?)」を付けておきます。

同様に、立教男声による東京初演よりも前にピアノ+パーカッション版での演奏(現行編成版の初演)が行われた可能性を支持ないし棄却する傍証や、電子オルガン版とピアノ版の関係を説明した資料にも巡り合えていないので、当座このへんについては本記事に備忘としてメモしておくにとどめておきます。

上記について更なる情報をお持ちの方は、お知らせくださりますようお願い申し上げます。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme