blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

【本サイト更新】2014/07/06 23:40

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。

  • 「当サイトのアクセス解析リポート」に2014年6月度のデータを追加しました。
  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • サ行の作曲家
      • 鈴木洋の項を新設、「のぎくの輪」「わたしは母親」「誓いの日」「小道の花も雑草も」「わたしの時間」を追加。
      • 鈴木洋・外山哲也の項を新設、「夢のはがき」を追加。
      • 周藤諭の項を更新。
        (男声合唱版『三つのマリアの歌』出版を反映)
    • タ行の作曲家(チ〜ト)
      • 外山哲也の項を新設、「手をのばす」「ひとつぶのしずく」「お散歩車」「宣告」「はじめての歌」「通い道」を追加。
    • ナ行の作曲家(ニ〜ノ)
      • ’88日本のうたごえ全国創作講習会2-5班の項を新設、「お母さん」を追加。
      • 信長貴富の項を更新。
        (男声合唱版「言葉は」初演データに加筆)
    • ハ行の作曲家(ハ〜ヒ)
      • 林正実の項を新設、「息子よ」「太陽と春風の贈り物」を追加。
      • 引野裕亮の項を更新。
        (『それぞれの明日へ』『三つのソネット』『建速須佐之男命綺譚』『薤露青』を追加)


2014/06/22に行われた「第55回新潟県合唱祭 in 加茂」に男声合唱団「どんぐり」という団が出演していました。演奏曲目に「わたしの時間」があり、それでこの曲が収録されている合唱組曲『のぎく讃歌』の存在を知りました。

合唱組曲『のぎく讃歌』の中身については、男声合唱団「どんぐり」公式サイト内にまとめられています。ただ、前述の「わたしの時間」は紹介ページにリストアップされていません。

この合唱組曲の取扱いについては悩みました。組曲と銘打たれているものの、作詞者も作曲者も楽章ごとに異なるからです。最終的に、作曲者ごとに別個に記すことにしました。また、作曲者の中に「’88日本のうたごえ全国創作講習会2-5班」が含まれていることから、各曲の成立時期は一斉でない可能性が高く、平成5年6月の「初演」は組曲全曲としての初演として扱うのが穏当であろうと推測しました。

今月20日に同団体の定期演奏会が予定されています。そこで何か追加情報が得られるかもしれませんが、せきは足を運ぶかどうか未定です。


周藤諭の項について。男声合唱版『三つのマリアの歌』出版譜は、版元のMiela Harmonija公式サイトには記載がありませんが、パナムジカでは取扱いが始まっています。


引野裕亮の項で今回追加した作品は「東京理科大学グリークラブ&女声部UNISON オフィシャルサイト」を参照しました。サイト全体の構成から東京理科大学グリークラブによる男声合唱での演奏であろうとみて今回の取扱いに至りましたが、女声部UNISONとの合同による混声合唱という可能性も考えられ、判断に悩むところです。実際「薤露青」について、今年6月28日の関東大学合唱連盟定期演奏会チラシでは「混声合唱とピアノのための」と銘打たれている一方で、今年12月に全曲初演が予定されている東京理科大学グリークラブ第44回定期演奏会(および女声部UNISON第23回定期演奏会)では「男声合唱とピアノのための」と、複数の編成表記が混在しています。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme