blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

【本サイト更新】2015/02/22 18:30

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。

  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • ア行の作曲家(イ〜エ)
      • 石黒晶の項を更新。
        (『《季節よ、城よ…》——中原中也によるランボオ詩抄——』に加筆)
    • ナ行の作曲家(ニ〜ノ)
      • 信長貴富の項を更新。
        (『思い出すために』男声4部合唱版と「夕焼け」男声合唱版を追加)
    • マ行の作曲家(マ)
      • 松下耕の項を更新。
        (「Pange Lingua」「ほらね、」「音戸の舟唄」『罰と罪』に加筆)
    • マ行の作曲家(ミ〜モ)
      • 宮崎誠二の項を更新。
        (『Dreaming Little Star』を追加)

『《季節よ、城よ…》——中原中也によるランボオ詩抄——』ついて、作曲者御本人のブログ記事「男声合唱組曲『季節よ、城よ…』に添えて」をもとに収録曲を書き足しました。


信長貴富氏はFacebook投稿「【新刊】夜明けから日暮れまで(混声ピース)」で「夜明けから日暮れまで」男声合唱版初演の告知をしておられますが、「演奏会に先駆けての出版も予定されています」とのことなので、「日本の絶版・未出版男声合唱曲」への記載は差し控えます。

なお、「夜明けから日暮れまで」男声合唱版と「夕焼け」男声合唱版が初演される予定となっている演奏会のプログラムでは、いずれについても該当する曲名が記載されていません。どちらもアンコールとして演奏されるものと思われます。「夕焼け」男声合唱版が初演される予定となっている演奏会のプログラムでは該当する曲名が記載されていませんので、アンコールとして演奏される可能性が考えられます。「夜明けから日暮れまで」男声合唱版については、どこの団体が誰の指揮で演奏するのか現時点で公表されていません。

『思い出すために』男声4部合唱版の初演について作曲者はまだ公に書いておられないようですが、立教大学グリークラブOB男声合唱団 第4回リサイタルのレセプションで、立教大学グリークラブの現役メンバーが宣伝していました。それが初演される合同ステージの指揮を鈴木成夫氏、ピアニストを山内知子氏が担当するという話をしたら、その場にいらした黒岩英臣先生が「このご夫妻の仲人は私が務めた」とおっしゃっていました。


宮崎誠二作曲『Dreaming Little Star』については、「九州大学コールアカデミーOB会 関東支部 アーカイブ」の「演奏会(OB)」を参考に記載しました。

この演奏会では坂本龍一作曲・嵯峨秀夫編曲「たかをくくろうか」も演奏されていますが、原曲はビートたけしに提供されたもので、ポップスとみられるので、「日本の絶版・未出版男声合唱曲」への記載は差し控えます。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme