blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2015/05/30の日記:合唱団Lalari練習

おととし8月の新潟県合唱コンクール以来せきは一身上の都合で演奏活動を休止していたが、ご縁あって復活の運びとなった。

合唱団ユートライ&混声合唱団鈴優会ジョイントコンサートの帰り道、男声合唱団トルヴェールで仲間の永井さんにお誘いをいただき、合唱団Lalariで助っ人として参加することにしたという次第。

そんなわけで一時的ながらも、れっきとした演奏活動復活である。


Lalariで歌うのは、2012年1月の新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテスト以来。2013年夏もコンクールの助っ人として練習に少しお邪魔していたが、諸事情(いずれ詳しく書きたいところだけど……)で心苦しくも中途キャンセルしてしまった。なのにまたお声掛けをいただき、恐悦至極。


このたびは今年8月22日に予定されている新潟県合唱コンクールに向けての練習で、会場は新潟市東区プラザ。参加メンバーは、ソプラノ1名、アルト3名、テナー2名、バス1名(せき)。

曲目は、課題曲であるGiovanni Pierluigi da Palestrina作曲「Super flumina Babylonis」と、自由曲としてJosquin des Prez作曲『Missa Pange Lingua』より「Kyrie」「Gloria」。

課題曲は2009年の新潟ユース合唱団で歌った。キー以外は当時使った譜面とほぼ同じ。当時音取りに苦戦した箇所で今回も手こずる。

自由曲は立教グリー現役生時代(混声版も、皆川達夫先生編曲による男声版も)に全楽章を歌ったのが最初で、OBになってからも同グリーフェスティバルの現役OBOG合同ステージに参加して歌った経験があるのに、音を忘れている箇所があった。恥ずかしき限り。

15時から指揮者の箕輪久夫先生が登場。言葉のさばき方やフレージングについてのご指導が主であった。

17時ちょっと前に解散。



ちなみに、新潟県合唱コンクールより前に、もうひとつ別の舞台に出ることにした。7月5日の第4回全日本男声合唱フェスティバルin京都で個人参加者として歌ってくる。こちらの練習は7月4日の前日合同練習だけなので、Lalariの練習開始よりは後。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme