blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2015/10/18の日記:立教大学グリークラブ卒業20周年の集い

せきの出身校である立教大学は、毎年10月半ばごろに池袋キャンパスでホームカミングデーなる催事をおこなっている。

それにあわせてグリークラブOB有志が「卒業20周年の集い」というパーティーを何年か前より開いており、せきは日帰りで上京して今年初めて参加してきた。


池袋キャンパスに着いたのは13時近く。学生食堂で昼食にマグロ山かけ丼をいただく。学食のメニューはずいぶんおしゃれになったが、カツカレーは在学当時のまま。

「卒業20周年の集い」までだいぶ時間があったので、9号館前のベンチに腰掛け、池袋駅から大学に行くまでの間に寄り道して買った楽譜を眺めて時間をつぶす。

14時半をちょっと回ったあたり、スタートの15時には早いけど、十ウン年ぶりに会場のカフェテリア「山小屋」へ。とても字がきれいな後輩(女声)がお子さん連れで来ていた。

スタート時間が近づくと参加者が次々とやってくる。大半が久々なれど、皆さん現役時代の面影がたっぷり残っている。ビールをちびちび飲みつつ、何人かの先輩後輩同輩と言葉を交わした。先輩の中には、現役時代よりたくさんお話させていただいた方も。

スピーチコーナー。参加OBOGが過去最多の約60名と大勢のため、全員ではなく、学年ごとに代表が挨拶する形で進められた。来年が卒団20年目にあたるうちの学年については、初参加と言うことでわたくしがご指名にあずかり(本当は初参加がもう一人いたんだけど……)、現役時代の役職やら、越後長岡の実家で暮らしていることやらをしゃべる。現役時代に務めていた役職が今はない(と、数日前に現役生とツイッターでやりとりをして知った)ことを話すと、驚きのリアクションをしてくださった先輩がいらした。近況の一環で「新潟県内の合唱団も指導している名島啓太さんとは年に何回か会いますよ」という話も口に出そうになったが、その名前を出すと会場の空気が壊れそうなので思いとどまった(どういう事情かは、6年ほど前の記事「名島先輩 → 名島先生」前半からお察しいただきたく)。

現役生が、来月に控えた定期演奏会のチケットを売りに来ていた。男声定演については現役生からのOBOG売り電話で手配済みだったため、せきは女声定演のチケットだけ買う。トータルで男声定演32枚、女声定演30枚が売れたとのこと。

今年が卒団20年目にあたる代の渡辺亨先輩の指揮でカレッジソング「St.Paul’s will shine tonight」と校歌「栄光の立教」を歌い、17時ぐらいにおひらき。校歌は北村協一先生による男声合唱編曲版を歌ったが、あの編曲はバスパートが独特の跳躍をするため、アルトの先輩方から怪訝な顔をされた。

池袋東口界隈をうろうろし、新幹線最終便で家路についた。


あえてぼそっと苦言。「卒業20周年の集い」は告知手段がFacebookの非公開グループと口コミぐらいなので、その手のことに疎遠な人は参加しようにも知るすべがない。今年は同期のFacebook友達が声をかけてくれたから喜んで参加を申し出たわけだが、昨年までのせきは集いの存在自体は小耳に挟んでいたものの詳しくアプローチするすべがなくさみしい思いあった。なので、いかがなものだろうかという若干の懸念が今も残っている。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme