blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2015/12/13の日記:第14回リリックホール コーラスフェスティバル

今年も「リリックホール コーラスフェスティバル」を聴きに出かけた。


過去に出かけた記録は以下の通り。昨年は大雪だったんですね。


最初から伺いたかったのだが、どうしても抜けられない町内の寄合が15時過ぎまであったため、今年は15時半過ぎから聴いた。

最後のブロック+1団体だけだったけど、濃密な演奏やチャレンジングな演奏が続いたので、物足りなさはなし。ただ、ツイッターでつながりのあるSEIGI氏や田中達也氏による編曲作品を取り上げた団体のステージに間に合わなかったことは残念だった。

前から数列目のシモ手寄りで聴いていたら、しばらくして越の国室内合唱団 VOX ORATTAの諸氏が演奏を終え、すぐ隣に座った。あの団には知人が何名かいるし、一度練習にお邪魔したこともある。指揮者の仁階堂孝氏は各ステージに対し特に熱い拍手を送っておられたような。

エンディングの全員合唱「故郷」ではORATTAの皆様が立ち上がったので、せきも起立して唱和。まだ風邪が抜けないため、咽喉に負担をかけないよう、胸声を生かした低音域で歌った。長岡市民合唱団の副指揮者・草川正憲氏は1番・2番・3番に間奏を挟むかどうか全く指示を出さずに指揮したので、ちょっと戸惑う。


終演後トイレに寄ってから家路に着こうとしたら、ORATTAの皆様で集合写真を撮ろうという場に居合わせた。撮影のために団員が抜けるのはどうかと思い、カメラマンを申し出る。

だが実際に撮り始めたら「手ぶれしてるから」と仁階堂氏にカメラマンを交代するよう言われ(当方人見知りで自分から誰かに声をかけるのが不得手ゆえ仁階堂氏とはきちんとご挨拶申し上げたことがないのだが、わたくしめの存在を認識してくださっていることを確認。次の機会があったら声を掛けねば)、結局せきは脇で見ていただけとなってしまう。お役に立てず申し訳ない限り。


末筆ながら、出演者・スタッフ・来場者の皆様、長時間お疲れ様でした。パンフレットによると、来年は15回記念ということで何がしかの趣向を考えているらしいです。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme