blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2016/06/25の日記:合唱樹II 〜箕輪久夫先生の傘寿をお祝いして〜

箕輪久夫先生傘寿祝賀演奏会「合唱樹II」に合唱団Lalariの助っ人として出演した。


長岡駅8時10分発の電車に乗る。亀田駅でLalariのメンバー2名と合流し、タクシーで相乗りして、演奏会場の新潟市江南区文化会館へ。

Lalariステージのリハーサルをリハーサル室→ステージで。箕輪久夫先生とは舞台上で合流。

しばらくご無沙汰している男声合唱団トルヴェールのステージリハーサルを後半だけ客席で見たのち舞台袖へ。演奏会ラストは出演者全員によるアンコールで、その最初で最後のリハーサルがあったのだ。ただ、入退場について事前連絡がなかったため、せきは廊下で自発的に「女声はシモ手、男声はカミ手から入場」と誘導を行う。

この演奏会はレディースクワイヤJuneさんの主催。箕輪先生傘寿記念と銘打ったこともあり、JuneさんのOGというべきメンバーが大勢集まっていて女声楽屋は同窓会っぽい雰囲気だったと聞く。その一人に、5年半ほど前に少しだけ仕事でご一緒していた方がいて懐かしかったのだが「あなた見た覚えがあるけど、どなたでしたっけ」と尋ねられる。

13時ちょっと前から小一時間、楽屋でお昼ご飯をいただいたりプログラムパンフレットを眺めたり着替えたりをゆるゆると。

14時開演。客席は半分くらいの入りだったかな。

アンサンブルfilatoさんのステージをバスの助っ人仲間と客席で聴いてリハーサル室に移動したら、他パートの皆さんは前倒しで直前リハーサルを始めていた。Lalariの出演メンバー11名が揃ったのが、この直前リハーサル。極私的ウィークポイントを確認しつつ、サウンドの全体像や他メンバーのスタンスを把握することを念頭に直前リハーサルに臨んだ。

15時頃からLalariのステージ。Claudio Monteverdi作曲「Zefiro Torna」「Che se tu se’il cor mio」「Ecco mormorar l’onde」の3曲。大過なくアンサンブルできたと思う。ステージ終了後、箕輪先生がいらっしゃるのを待って一同で写真撮影

男声合唱団トルヴェールの本番を客席で聴いたのち、アンコールのために舞台袖へ。ステージリハーサルに参加しなかった人も少なくないので、改めて自発的に誘導。

合唱団にいがたさんのステージが終わったのち舞台上へ合流。アンコールは、ヘンデル作曲「メサイア」より「ハレルヤ」と、佐藤さおり作曲「またね」を、いずれもピアノと一緒に。つつがなく終演。

演奏を終え、急いで着替え、楽屋が空になったのを確認してから、トルヴェールのメンバーさん(せきの休団と入れ違いに参加したため初対面)の車に乗せていただいて、新潟市中央区万代の打ち上げ会場へ。

打ち上げは18時15分開宴。箕輪先生のご機嫌が麗しくて何より。

トルヴェール有志での二次会にお誘いをいただいたが、時間的にも酒量的にも無事に帰宅できるかどうか危うそうな気がしたので申し訳なくも帰宅。


出演者・スタッフの皆様、お疲れ様でした。ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。合唱団Lalariの皆様、また何かの折には宜しくお願いします。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme