blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2017/2/26の日記:新潟シューベルティアーデ Vol.9

新潟シューベルティアーデという、シューベルトの歌曲を広く紹介すべく立ち上げた音楽家集団が「シューベルトの歌曲 その世界を味わう Vol.9 〜愛の歌〜」という発表会を毎年2月終わりころに開いている。このたび久々に聞きに出かけてきた。当ブログの記録をさかのぼってみたら、6年前の「Vol.3」以来であった。

以前聞いたときの記憶と比べると、雰囲気の和やかさが増し、ますます日曜の昼下がりに好適なサロンふうの場となっていたように思う。

出演者・スタッフ・来場者の皆様、お疲れ様でした。


毎回テーマを設定しての演奏会、このたびは「愛」にかかわる曲を集めたというプログラム。セットリストは以下の通り。ウムラウトの付いたアルファベットは「ue」「oe」みたいに書き換えています。

D497「ナイチンゲールに寄せて (An die Nachtigall)」
D552「ベニヒワの愛のさえずり (Haenflings Liebeswerbung)」
ソプラノ:田辺千枝子/ピアノ:栄長敬子
D626「ブロンデルからマリア様に (Blondel zu Marien)」
D257「野ばら (Heidenroeslein)」
メゾソプラノ:中森千春/ピアノ:片桐寿代
D410「愛の言葉 (Sprache der Liebe)」
D854「溢れる愛 (Fuelle der Liebe)」
D767「逢瀬と別れ (Willkommen und Abschied)」
テノール:高橋宣明/ピアノ:八子真由美
D544「ガニュメート (Ganymed)」
D474「冥界に下る時のオルフェウスの歌 (Lied des Orpheus, als er in die Hoelle ging)」
メゾソプラノ:中森千春/ピアノ:片桐寿代
D776「君はわが憩い (Du bist die Ruh)」
バリトン:佐藤匠/ピアノ:八子真由美

——休憩——

D673「恋する女の手紙 (Die Liebende schreibt)」
D118「糸を紡ぐグレートヒェン (Gretchen am Spinnrade)」
メゾソプラノ:中森千春/ピアノ:片桐寿代
D138「憩いなき愛 (Rastlose Liebe)」
D795-16「好きな色 (Die liebe Farbe)」
D795-17「嫌いな色 (Die boese Farbe)」
テノール:高橋宣明/ピアノ:八子真由美
D751「愛の裏切り (Die Liebe hat gelogen)」
D795-11「僕のもの! (Mein!)」
バリトン:佐藤匠/ピアノ:八子真由美
D965「岩の上の羊飼い (Der Hirt auf dem Felsen)」
ソプラノ:田辺千枝子/クラリネット:伊藤浩介/ピアノ:栄長敬子
アヴェ・マリア
(アンコールとして、独唱曲であるD839「エレンの歌 第3番(Ellens Gesang III)」を混声4重唱とクラリネットとピアノに編曲したものを、出演者一同で演奏)

新潟県内で歌がらみのことをやっていると、それなりにご縁も広がってくる。

ソプラノの田辺さんは今年初めの新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストがきっかけで知遇を得た。お人柄そのままの、飾りすぎない、でも花のある歌声。

メゾソプラノの中森さんは深遠で品格高い歌声。メゾソプラノやアルトの女声声楽家は新潟県内だと貴重な存在なのだが、活動フィールドは新潟市内や頸城エリアが多く、長岡近郊での出演が少ないのをもったいなく思う。ツイッター @rosina0202でつながりがある。

テノールのikaubonこと高(表記は正確にはハシゴ高)橋さんとお目に掛かるのは久々。男声合唱団トルヴェールでご一緒していたことがあるものの、近年あちら様は吹奏楽部指導のほうがお忙しく、当方も一身上の都合で合唱活動を差し控えていた時期があったりして、ここ何年かは年賀状をやりとりする程度のお付き合いであった。新潟シューベルティアーデの発表会は前売りでチケット完売という年もあるため、このたびはあらかじめ高橋さんからチケットを手配していただいた。歌声は軽妙洒脱さに磨きがかかってきたような感じ。

会の代表を務めるバリトンの佐藤さんは合唱の現場で時々ご一緒する。しばらく体調がすぐれなかったとかいう話を小耳に挟んでいたが、本番はお元気そうで、いつも通りの歌声であった。


来場者のうち、箕輪久夫先生、松浦良治先生、永井昭光さん、殿下こと桂木農さん、こっちこと金子央さん(合唱団NEWS等の指揮者にして、中森さんの伴侶)と会釈。殿下や高橋宣明さんとは終演後ちょっと立ち話した。

帰りの電車で金子さんと乗り合わせていたようだったが、気が付いたのが下車間際で、先様は読書に没頭していた様子だったため、声をかけるのは差し控えた。


新潟シューベルティアーデは来年で10周年を迎えるとのことで、2月12日(振替休日)午後に2部構成でスペシャルコンサートを予定しているというアナウンスがあった。すっかり活動が根づいているようで喜ばしい限りである。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme