blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2017/11/25・26の日記(その8):混声合唱の部・後半

「第70回全日本合唱コンクール全国大会」大学職場一般部門「混声合唱の部・前半」からの続きです。

本番があったり、そのあと風邪をひいて気管支がおかしくなったりなどで、すっかり間があいてしまいました。


この部門は、1階席中央ブロック、カミ手寄り前から4列目で聴いた。隣にあたる端から3席には朝日新聞の取材班が。

前置き

各団体の自由曲についてはパナムジカ公式サイト「コンクール情報」の「平成29年度(第70回)全日本合唱コンクール出場団体・演奏曲目・結果」(ただし演奏順にあらず)を、課題曲の中身については同じく「平成29年度(第70回)全日本合唱コンクール課題曲」を参照ください。

ナニサマな表現が混じってます。気分を害する御方におかれましては何卒ご容赦いただきたく。

室内合唱の部について書いた記事にも記した通り、当方の合唱経験や記憶力などに起因する事情で、特に洋物について記述が薄ぼんやりした傾向が強くなります。

ときどき脱線や余談が混じります。

全日本合唱連盟による季刊誌「HARMONY」で、審査員による選評座談会や審査員個々人による順位表の載った号が1月初旬に発刊されました。また、全演奏を収録したDVD「Best Harmony 2017 完全版」が70セット限定でブレーン株式会社から発売されました。ただ、せきはいずれも未入手で、薄れゆく記憶のみに沿って記しております。

感想など

Combinir di Corista
指揮:松村 努

自由曲「Lux Aeterna」は人声だけで作り上げる音空間の極北というべき曲目。

ただ、歌い手には全く責任がない事だけど、聴衆のどなたかが装着していた補聴器がハウリングを起こしていたのは(しばらく自分の耳鳴りを疑った)特にこの団体について残念。

合唱団ぽっきり
指揮:縄 裕次郎/ピアノ:小林知世

自由曲は、この団体の活動拠点でもある広島県で活動した合唱指揮者への追悼をこめ、同地で委嘱・初演された曲。初演者および所縁のメンバーもそれなりにいらっしゃるであろうことに想いを馳せつつ拝聴した。先入観を裏切らない演奏だったように思う。

CANTUS ANIMAE
指揮:雨森文也/ピアノ:平林知子,野間春美

課題曲は他団体よりもややテンポ速め。Recitativoを前面に出した演奏は、楽曲と歌い手が同化したかの如し。

自由曲は2017年6月に行われた第21回演奏会「つながる魂のうた vol.2」最終ステージでも演奏された。この演奏会には足を運んだけど中座したもので『交聲詩 海』は聴けず、このたび抜粋ながらも聴くことができて幸い。

自由曲の演奏は気迫たっぷりで、課題曲同様に楽曲と歌い手が一体化して「まるごと音楽」といった趣。終盤で喉声が混じったことがコンクールでどう評価されたか気になったけど、審査員はマイナス評価しなかった様子で、めでたくシード合唱団となった。

合唱団ノース・エコー
指揮:長谷順二

おごそかに聖母を讃える課題曲と、いきいきとして愉悦に満ちた自由曲2曲。プーランク作品2曲+サンドストレム作品1曲という聴きかたも可能で、作曲家による肌触りの違いを味わうこともできたように思う。

淀川混声合唱団
指揮:伊東恵司

自由曲はトーンクラスターが多用された曲。トーンクラスターといっても混沌ではなく、煉瓦でできた壁、もしくは城郭の石垣の如き音の塊が舞台から迫ってくるような演奏だった。

I.C.Chorale
指揮:村上信介/ピアノ:越智清加

自由曲はもともと男声合唱のために書かれたものだけど、混声版も含め、ちゃんと聴いたのは今回が初体験。混声合唱向けに改作したことに納得しながら拝聴。ちょっと難儀な曲だけど、楽しみが分かるような気がした演奏でもあった。

合唱団こぶ
指揮:大山敬子/ピアノ:春田里恵/ヴァイオリン:岸本萌乃加d>

「夕焼け」はひたすら美しく、課題曲「子どもは……」につきまとう陰影や自由曲の片方「水ヲ下サイ」がまとう重苦しさをまとめて浄化するかの如し。

MODOKI
指揮:山本啓之

同声合唱の部でmonossoを聴いたおかげで、この指揮者が奏でる音楽へのつかみどころがわかったような気がする。特に自由曲、様々な様態のフレーズが融通無碍に組み合わされ、ブラームスが堅苦しいだけでないことや、その奥にある滋味が感じ取れたかな。

Choeur Chene
指揮:上西一郎/ピアノ:水戸見弥子

課題曲も自由曲も、流麗。こんこんと湧き出る泉の如し。

グリーン・ウッド・ハーモニー
指揮:今井邦男

JAMCAこと日本男声合唱協会に個人会員として加入しているおかげで、現在事務局がある東海メールクワィアーから第55回定期演奏会「清水 脩 作品特集」のCDを頂戴した。伊東恵司氏と今井邦男氏が指揮したもので、お二人の音楽性の違いが興味深かった。そのときから、今井氏の指揮する音楽には哲学的という印象を持っている。

このたびの演奏も前述の印象を裏切らず、難渋という一言で片付けきれないだけの奥行や深みが感じられたように思う。


駆け足ですが、これにてコンクールでの演奏には一応ひととおり触れたことと致します。

出演者・スタッフ・来場者の皆様、2日間お疲れ様でした。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme