blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

【本サイト更新】2020/01/01 01:55

あけましておめでとうございます。新年2020年も宜しくお願い申し上げます。

さて「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。


  • 「当サイトのアクセス解析リポート」に2019年12月度のデータを追加しました。
  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • 項目の区切り記号を「/」から「||」に変更。
    • ア行の作曲家(イ〜エ)
      • 石河清の項を更新。
        (『阿武隈の雲』『草野天平の詩による四つの歌』を追加)
    • サ行の作曲家
      • 柴田南雄の項を更新。
        (作曲者公式サイトがデッドリンクになったことを反映、「萬歳流し」に混声合唱版の存在を加筆)
    • タ行の作曲家(チ〜ト)
      • 千原英喜の項を更新。
        (「松の針」初演終了を反映)
    • マ行の作曲家(マ)
      • 松下耕の項を更新。
        (『八重山・宮古の三つの島唄』初演予定データに加筆)
    • マ行の作曲家(ミ〜モ)
      • 三宅悠太の項を更新。
        (『修司の海』初演終了を反映)
    • 森田花央里の項を更新。
      (男声合唱版『青い小径』出版および男声合唱版「みどりの窓」初演終了を反映)

項目の区切り記号を「/」から「||」に変更したのは、三宅悠太作曲『修司の海』でタイトルに「/」を含む楽章が存在するからです。

ただ、今回の更新では『修司の海』について楽章タイトルを載せていません。全5楽章で、4楽章までのタイトルは作曲者のツイート(下記引用)に添付された写真画像で判明しているのですが、終楽章は調べがついていないためです。

追記(2020/01/01 15:00)

ツイッターで早稲田大学グリークラブ団員の御方から終楽章のタイトルを御教示いただきましたので、各楽章のタイトルを付記しました。ありがとうございます。


千原英喜作曲「松の針」については当座「編成不詳」としています。初演のステージにはピアニストが共演していましたが、そのステージではピアノを伴う男声合唱組曲『明日へ続く道』からの抜粋と組み合わせて演奏されました。つまり「松の針」は無伴奏・ピアノ付きという2種類の可能性が考えられるのです。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme