blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

組曲「吹雪の街を」考 (5) I. 忍路

半月あいてしまいましたが、個別の楽章に関する話に入ります。
第1曲『忍路』は、まだ男声合唱団トルヴェールでは取り上げたことがなく、しばらくは練習予定もなさそうな楽章です。
この楽章について前回「組曲全体の導入」と記しました。組曲全体で繰り広げられる青春模様の舞台を紹介する役割の楽章(のように見受けられる)ということです。
『忍路』は次の5パートで構成されます。
   a1. スキー風景
(フェルマータつき語尾 + 普通の8分休符)
   a2. 冬山で眼下に忍路を望む
(フェルマータつき語尾 + フェルマータつき4分休符)
   b1. 夏の日中の風景
(フェルマータつき語尾 + 普通の8分休符)
   b2. 夏の月夜の風景
(フェルマータなし語尾 + フェルマータつき4分休符 → テンポが変わる)
   c. 忍路という街の紹介
aとbは、途中accel.やrit.やフェルマータが挿入されるものの、基本となるテンポは4分音符=約96で一貫しています。
また、a1の後半からa2にかけて一時的に転調するのですが(ただし調号は変わらず臨時記号だけでの処理)、場面がすぱっと転換するのではなく、短時間で色合いが移り変わっていく形です。
曲の起伏とダイナミクスの大小は正比例するのが一般的ですが、この曲では必ずしもそうとはいえません。
音量が最大になる場所はa1末尾の「jumping stopした」です。しかし、曲そのものの心臓部は、「表情豊かに」かつ「mezza voce」で終始するcにあります。
ダイナミクスが小さくなるほど想いが濃密になってゆくということでしょうかね。
aの部分は音で絵を描くみたいな雰囲気です。
a1の冒頭はTen. IとBas.のオクターブユニゾンで始まり、Ten. IIとBari.が割って入るという、多田作品にはあまりみられない書き方です。ちなみに、外声部のオクターブユニゾンに挟まれて内声部が違う動きをするのは、木下牧子氏の男声合唱作品でしばしば、松下耕氏の男声合唱作品で時々みられます。
Bari.とBas.のユニゾンで直滑降したのち、accel.しながらBas.→Bari.→Ten. II→Ten. Iの順で「次々に」たたみかけてゆき、a2に入って全パートがオクターブユニゾンで終始するという流れです。
b1はa1をやや簡略化した書き方、でしょうか。
a2とb2はずっとユニゾン(同音およびオクターブ)という点が共通しています。
b2に出てくる「通った」はトオッタと作曲されていますが、男声合唱団「ホクレングリーンコール」公式サイトの「練習日誌(随時更新)」に「文法的にも状況的にもカヨッタと読むべきだろう」という疑義が記されています。
ここで作曲者がトオッタという読みを選んだ理由を考えてみると、もしかすると兄弟作品にあたる組曲「雪明りの路」第3曲『月夜を歩く』との通底が念頭にあったからではという推測が浮かびます。
『月夜を歩く』には「通りぬけ」という動詞が2度ほど出てきます。通り抜ける場所はいずれも「忍路の街」です。
ちなみに、深沢眞二氏の著書「なまずの孫 1ぴきめ」によると、b2には『月夜を歩く』の曲想が引用されているのだそうです。
cでは4分音符=約76と、ややゆっくりなテンポに変わります。
aおよびbは語りの要素を前面に出して作曲されているのに対し、cは歌いの要素が強い部分です。もっとも、mezza voceという指定がある以上、朗々と声を張り上げるわけではありません。
詩の終わり「あったが。」に対応して、曲は半終止となっています。すなわち、曲がIの和音(階名でいうド-ミ-ソ)でなくVの和音(階名でいうソ-シ-レ)で締めくくられるということです。
組曲全楽章を続けて演奏する場合、次の楽章『また月夜』が『忍路』と同じホ短調であることも手伝い、この半終止から「『また月夜』は『忍路』の続きなのかな?」「『忍路』の最後に出てくる人物が、組曲を通して詩人が思いを寄せている相手かな?」という印象が生まれるのですね。
—— 組曲「吹雪の街を」考の目次へ ——

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme