blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

組曲「吹雪の街を」考 (7) III. 夏になれば

この組曲では唯一、長調で書かれた楽章です。
組曲全体、特に前後の楽章の重たい空気を和らげる役割があり、それゆえかこの曲単品でアンコールピースとして取り上げられることもしばしばあります。
曲の大半を占める長い独唱が特徴的ですね。
多田氏はアリア的なフレーズとレシタティーボ的なフレーズを意識して区別している作曲家ですが、伊藤整作品をテクストにした合唱曲では、非定型の口語体自由詩ということを反映し、レシタティーボ的なフレーズの割合が多くなる傾向にあります。
そんな中で、この曲の独唱部分は、組曲「吹雪の街を」では数少ないアリア的なフレーズで、長めな音符を歌い上げる割合が増します。
一方、合唱が詩を歌うくだりはレシタティーボ的な要素が増え、短い音符(ここでは8分音符)の連続が中心になって、独唱との対比ができるわけです。
オーソドックスなタダタケ節という印象の曲で、Bassパートのせきとしては、独唱を支えるハミングは、歌いながらコードネームを思い浮かべやすいところです。
ただ、中盤「たまさか」〜「あえば」でEs-dur→D-dur→Es-dur→D-durという、和声の教科書的に「オヤ?」という和音進行が混ざっていたりするあたり、この時期ならではのサウンドひとひねりだとも思います。
詩は、身近な女性の結婚を祝うものです。
ほっと一息な曲想から考えると、多田氏は、素直に祝婚歌と解釈して作曲したのでしょう。
だがしかし、他の詩に見え隠れする未練がましさから、せきは個人的に、どうしてもSUGARという女性3人組の「ウェディング・ベル」という1980年代前半にヒットした歌を連想してしまうのですね。どんな曲かご存じない人は、「歌ネット」に載ってる歌詞(パソコン向け携帯電話向け)を参照いただきたく。
ここで描かれる女性が誰なのかは明らかになっていません。深澤眞二氏の著書『なまずの孫 1ぴきめ』では、「II. また月夜」の項目で触れた浅田絶子(角田チエ)と解釈すると面白いだろうという仮説が記されていますが……。
先日、男声合唱団トルヴェールでこの曲を初練習したとき「えましげ」に引っかかった人がいました。
現代口語ではほとんど耳にしない単語ですが、辞書にはちゃんと「笑まし」で載ってます(例:goo辞書 – 国語辞典の【笑まし】)。
「ほほえましい」とほぼ同義語だそうですから、「笑ましげに挨拶する」は「ほほえましく(愛想よく)挨拶する」という意味ということになりそうです。
詩の「街では」から最後までは日本語としてやや分かりづらいかな。
「誰もありがちなこと」は、おそらく、目的語「女性の笑顔に不幸がうつる(顔を曇らせる)ことが」が省略されたものでしょう。
「この世を私もしんじるために」は、裏を返すと「あなたの笑顔に不幸がうつると、自分はこの世を信じられなくなる」ということですね。
最後の「うつらないように」は「うつりませんように」という祈願文。
「うつらないように」といえば、出版譜(手持ちのは1996年4月20日付けの第3刷ですが、トルヴェールの練習参加者が持っているより新しい版も同様)では、そこのTen. Iは「な」で4分音符になっていて「い」に音符がありません。
ここはたぶん誤植で、その前に出てくる「うしなわないように」と同じ音型と思われます。実際、せきが聴いた演奏では、そのように変えて歌っていたはずです。
詩を歌い終えたあと、冒頭のテーマをコンパクトに再現した形のハミングを後奏として曲が終わります。
このパターンのエンディングは多田作品としては珍しいのではないでしょうか。冒頭のテーマを繰り返して曲を終えること自体はしばしば使われる手法ですが、たいがいは詩(歌詞)をそのまま歌う形です。
—— 組曲「吹雪の街を」考の目次へ ——


【追記: 4月19日】
トルヴェールの練習で話題になった「うつらないように」Ten. Iの譜面について書き忘れていたので、いまさらながら書き足しました。
【追記: 4月20日】
アリア的なフレーズとレシタティーボ的なフレーズについて述べた段落を付け加えました。

コメント(2)

  1. 大変勉強になりました。日本語的に疑問に思っていたことも良くわかりました。『天』の歌詞は私たちが現役の頃に多分改定があったように記憶しています。北村先生は、音の方はたまに『富士山』の第1曲目の「ひょうたんの〜」の部分をずり上げたりなど、楽譜にないことをされましたが、基本的に歌詞については作者に忠実にされていたように思います。(それほど深くお考えがあったということもないとは思いますが)

    返信

    ももぞう

    • ももぞうさま、いらっしゃいませ。今後ともごひいきにしていただけると幸いです。
      北村協一先生は時々譜面をいじる指揮者でした。掛け合い部分でパートを入れ替えたり、オクターブユニゾンのフレーズでバリトンをオクターブ上げたりという体験があります。さらにテンポについては、作曲者の指定よりもアップテンポで振ったり、譜面にないルバートをかけたりすることが多かったのですが、それで音楽に生命が宿るのが北村先生ならではだと思っております。
      なお、ご存知かもしれませんが、「草野心平の詩から」の『天』(および『さくら散る』)歌詞改訂については、当記事で触れている『なまずの孫 1ぴきめ』に経緯が載ってます。

      返信

      せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme