blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

組曲「吹雪の街を」考 (10) VI. 吹雪の街を

組曲の終曲は、ある青春恋物語のエピローグでもあります。
「十九の年に見た乙女」は、第4楽章『秋の恋びと』のお相手と同一人物。伊藤氏自身による小説『若い詩人の肖像』には重田根見子の名で登場し、のちの研究で本名が根上シゲルと判明した女性です。
結局は程なくして根見子(シゲル)さんと別れてしまったのですが、伊藤青年は根見子(シゲル)さんを忘れられず、『秋の恋びと』から1年たった冬に彼女の住む余市郡余市町の街を未練がましく徘徊するさまを描いたのがこの詩です。
恋の顛末については深沢眞二氏の著書『なまずの孫 1ぴきめ』を。
第1楽章『忍路』と同じホ短調、その曲で愛しの乙女が出てくるくだりとほぼ同じ「4分音符=約80」のテンポ(厳密にいえば『忍路』後半は「4分音符=約76」でほんの少しゆっくりですが)で作曲されています。
第1楽章と終楽章が同じ調性というのは多田作品にしばしばみられ、組曲を円環としてかたちづくる効果があります。その上、テンポ感や、旋律線のリズムパターンが似通っているのですから、一つの物語の終わりという印象は倍加します。
冒頭でBas.のパートソロによって提示され、次いでtuttiで繰り返される音型は、そのあとTen.I→Ten.IIのパートソロでもバックコーラスとして歌われ、さらに曲のラストでBas.のパートソロ→tuttiが再現されます。
スラーが付けられていますが、これはスラーが付けられた範囲を1フレーズで歌えという指示ではなく、スタッカート記号と合わせて「メッツォスタッカート(もしくはメゾスタッカート)」を意味します。スタッカートは音符の長さを本来の半分で演奏するという指示。メッツォスタッカートは普通の音符とスタッカート付き音符の中間なので、理論的には「3/4倍の長さ」ということになります。
「柳河風俗詩」第2楽章『紺屋のおろく』にスタッカートとテヌートを混ぜたような表情記号が出てきますが、あれとほぼ同義ですね。
なお、多田氏は、フレージングの単位を示す意味でスラーを使うことは基本的にやらない作曲家です。
「いずれ別れる」〜「涙となる 涙となる」まで、詩に沿った起伏によるダイナミクスの変化を伴い、甘い恋の思い出に浸りつつ慟哭します。
前5楽章まではタダタケ節が控えめだったところに、曲の半分ほどを費やして延々とタダタケ節が続くのですから、ここはあたかも組曲全体のサビを歌っているかのような感覚が味わえます。
ただ、詩が未練がましさたっぷりですから、ハーモニーの美しさに酔いしれることはできても、それはカタルシスには結びつかないわけで。
サビで高ぶった思いは、Ten. I→Ten. II→Bari.→Bas.と音域が低くなりながら受け渡されるパートソロで鎮まってゆきます。主人公の思いが内向化してゆく、ということなのでしょうか。
もとの詩はこの部分で終わるのですが、楽曲では冒頭を再現するコーダが付け加えられて終わります。恋を求めた青春の歩みはまだまだ続く、ということなのでしょうか。
—— 組曲「吹雪の街を」考の目次へ ——

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme