blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

5/30の日記

新潟ユース合唱団練習 於 長岡市中央公民館。
せきが予約した練習場所です。
使ったのは初だけど、「響く部屋」という話は耳にしていて、実際その通りだった。器楽練習には響きすぎてしんどそうだけど、無伴奏合唱の練習には好適という印象。
ただ、空調が入らず窓を開けないと蒸し暑かったのが残念で申し訳ありません。
出席は指揮者・ピアニストと歌い手16名、うちBassは前回同様3名(欠席者1名と新メンバーが1名でプラマイゼロ)。
練習したのは、来月の合唱祭で歌う「うたを うたう とき」「鎮魂歌へのリクエスト」がメイン。なお、次回の練習は合唱祭本番当日です。
ピアニストさんに先約があるということで、先に「鎮魂歌へのリクエスト」ピアノとの合わせ練習。
会場の都合でピアノの場所を移動できず、Bassのすぐそばにピアノという変則的なフォーメーション。個人的には、ピアノの左手から音を取ってる部分が結構あるんで、ありがたかったです。
前回同様、全員で主旋律を歌う練習も。指揮者のtek310氏は、この曲について、重量感のあるというか、ベターっとsostenutoしたというか、ポルタメントがかからない程度に粘っこいというか、そんな歌い回しを求めているとせきは理解しました。
ピアニストさん退出後、「鎮魂歌へのリクエスト」を合唱だけで練習。ヴォーカリーズの立体的な絡み合い・掛け合いに重点がおかれていたような。
続いて「うたを うたう とき」を結構みっちりと練習。tek310氏いわく「まどさんの詩には無駄な言い回しがないから、そのぶん演奏者は一つ一つの言葉を大切に噛みしめて歌おう」とのことでした。
途中から、他のパートを聞きあうため、輪になり、タクト抜きでアンサンブルする練習。両隣が違うパートになるようシャッフルした並びでの練習(皆川達夫先生が「カクテル」「スパルタ」とか呼ぶ練習方式)もあるのかなと思ったんですが、パートごとにまとまっての並びだけでした。
ほか、7月から練習する曲目に関する簡略なガイダンス。
パレストリーナのモテットについては、歌詞の読み方講座と、冒頭を1フレーズだけ全員で歌ってみる練習。ラテン語になじみの薄い人にとっては「ejus」「suspendimus」あたり、英語読みしちゃいがちな単語なので要注意ですね。
三善晃「五つの日本民謡」については「ソーラン節」の主旋律の一部をちらっと全員で歌ってみる練習。
最後、改めて「うたを うたう とき」を通して歌い、練習終了。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme