blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

「IV. 鎮魂歌へのリクエスト」その1: 詩人について

原作詩者・Langston Hughes氏の略歴は出版譜の歌詞ページに記されている通りです。ここでは、氏の作品に、人種差別が色濃い当時の情勢を描いたものや、ジャズの感性を取り込んだものが多いということを補足しておきます。
訳者・木島始氏の詩作に、信長氏は結構たくさん作曲しています。
組曲「初心のうた」はご存知の人も多いでしょう。
木島氏は同一の詩を日本語と英語で書くという試みをしていて、その日本語版・英語版両方をテキストにした「Voice」「Faraway」という組曲もあります。「Voice」は無伴奏男声合唱、「Faraway」は無伴奏混声合唱で、いずれも楽譜が音楽之友社から出版されています。
近作の混声合唱組曲「ねがいごと」は、締太鼓・南部風鈴という合唱曲では珍しい打楽器を取り入れたり、関西弁の厄払い口上をそっくり合唱に取り入れたりなどで、話題になりました。
シリアスな詩にシリアスな曲をつけた「起点」という男声合唱+ピアノ+パーカッションのための組曲もあります(譜面未出版)。
ちなみに、「起点」初演時のアンコールとして、「鎮魂歌へのリクエスト」にパーカッションを加えた形のものが初演されました。このバージョンは今のところ再演されていないはずです。
そうそう。Langston Hughes氏の詩を木島氏が訳したものに作曲した、「スピリチュアルズ」という組曲もあります。2007年に混声合唱+ヴァイオリン+コントラバス+パーカッション+ピアノのために書かれ、翌年、混声合唱+四手ピアノ版も作られました。
いずれも未出版ですが、ジョヴァンニ・レコード「[邦人合唱曲選集] スピリチュアルズ 信長貴富 混声合唱作品集II」におおもとのバージョンの初演音源が収録されて市販されています。

【「新しい歌」をめぐって】総目次へ

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme