blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

「IV. 鎮魂歌へのリクエスト」その2: ジャズとの関連

「鎮魂歌へのリクエスト」はブルースのスタイルで書かれている珍しい合唱曲です。
もっとも、ジャズやブルースを取り入れた合唱曲はこの曲が初というわけではなく、日本人作品でも先例があります。せきが実演に接したことがある曲だと、三善晃作品(「ひとこぶらくだのブルース(『動物詩集』第2曲)」「見えない縁のうた(『遊星ひとつ』第2曲。木島氏の詩)」など)と、高嶋みどり作品(「婆さん蛙ミミミの挨拶(『青いメッセージ』第3曲)」「わたしが一番きれいだったとき(『女の肖像』第2曲)」など)が思い浮かぶところ。
ただ、ジャズやブルースを取り入れた他の合唱曲には現代音楽につながる理屈っぽい匂いが感じられるものが少なくないのですが、「鎮魂歌へのリクエスト」は徹底的に大衆音楽としてのジャズをしてるというのが、個人的印象です。
初演演奏会のパンフレットによると、信長氏はそれまでジャズをあまり知らず、この詩に作曲するにあたってジャズのCDを聴き込み「面白いな、なんか使えそうだな」と思ったとのこと。
詩にはジャズのスタンダードナンバーが2曲出てきます。《セント・ルイス・ブルース》と《セント・ジェームズ病院》です。
いずれの曲もYouTubeに演奏が何種類も投稿されていて(検索キーワードには、原題の「St. Louis Blues」および「St. James Infirmary」を推奨)聴き比べると面白いです。
「St. Louis Blues」については、その旋律が「鎮魂歌へのリクエスト」間奏部に口笛で引用されていますが、そこでの曲想を先入観にもって「St. Louis Blues」を聴いたら驚きました。実はラグタイムの代表曲だったりして、アップテンポな演奏が多いのですね。
詩の主人公が葬送曲として望んだこの曲を聴けば、Langston Hughes氏が死に対してどういう考えを持つか見えてきそうな感じがします。日本人は死に対してどこかウェットで暗黒なイメージを持ちがちですが、この詩で垣間見える死生観はポジティブですね。かつて黒人霊歌と呼ばれていたジャンルの歌にみられる「死 = 現世からの逃避」よりもさらにポジティブ。ただ、キリスト教的な「死 = 主の御許に召される」とは方向性が違うように思います。
「鎮魂歌へのリクエスト」に雰囲気が近い曲は、どっちかというと「St. James Infirmary」のほうでしょう。
この曲には歌詞が付いてます。
前半は、聖ジェームズ病院に行った男が、そこで彼女が死んでいるのを見て嘆き悲しむという趣旨。ちなみに、一説によると、聖ジェームズ病院は精神病院らしいです。
後半はさまざまなバリエーションがあるんですが、その中には「自分ほど素晴らしい男は他にいない」「僕が死んだら、彼女には僕へ○○して欲しい」など、「鎮魂歌へのリクエスト」と相通ずるフレーズを含むものも存在します。
【2009/08/21追記】
出版譜の旧版では口笛のくだりに「※“St. Louis Blues”より引用。」と明記されていましたが、改訂版の譜面(混声合唱版)にはこの注釈がありません。

【「新しい歌」をめぐって】総目次へ

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme