blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2009/07/05の日記

本日まる一日、新潟ユース合唱団に参加。
朝8時ちょっと前に家を出て、電車に乗り新潟入り。新潟駅前で合唱団仲間の車に乗せていただき、練習場所の明鏡高校へ。
練習に先立ち、10時過ぎから2時間ほど実行委員の会議。宿題いろいろ。
13時過ぎ、練習スタート。今回から新曲。
声出しのあと、前半戦は G. P. Palestrina のモテット「Sicut cervus」「Super flumina Babilonis」。
せきがルネサンスものを歌うのは5年半ぶりで、勘所を思い出すのに時間がかかった。
Palestrina 作品は初体験だったが、戸惑いはほぼゼロ。ちなみに、これまでに歌ったことがあるのはJosquin des Prez 作品とT. L. de Victoria 作品(このお二方については、皆川達夫先生編曲の男声合唱版による演奏が半分強)と William Byrd 作品が少々。
後半戦は、三善晃作曲「五つの日本民謡」からの2曲。音取りが難儀そうということで、一同ピアノを囲んでの練習。
だが「ソーラン節」は最後の2ページ弱を除き、予想外にすんなり通すことができた。バスは囃し言葉や合いの手によるモチーフの繰り返しが多く、パターンをのみこめば意外と歌いやすい。歌っていて血が騒ぐのを感じる。
一方「佐渡おけさ」には歯が立たないまま時間切れ。
練習後、新潟駅前で懇親会。せきは長岡駅から家までがマイカー移動につき飲んだものはお茶ばかり。
なぜかラストオーダー後、新潟大学医学部合唱団関係者を中心に、新潟ユース合唱団の宴会では稀に見る乱痴気騒ぎ。2時間の予約だったのが、お開きまで30分ほど余計にかかったような。
お開きになってから、せきは挨拶もそこそこにそそくさと失礼し、電車に飛び乗って帰宅。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme