blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2009/08/09の日記

新潟ユース合唱団の練習 @ 長岡市民センターB1Fイベント広場。
せきが場所取りを担当。駅から徒歩数分で使用料無料というありがたい場所。そのぶん早く先約が入ってしまって取りづらいけど。
ついでに、地元なので移動に時間がかからないのも助かる。
練習開始は13時からだが、場所は12時半から借りていたのでそれに間に合うよう12時10分に家を出る。
だが、12時半の時点で、新潟からの参加者数名がせきより先に来ていて、受付の手続きもしてくださっていた。ありがとうございます。
今回からの新入りメンバー2名。お2人ともAlto。
前回の練習見学者(そのあと飲み会にも参加)と、前回の練習直後にチラシを見て問い合わせてきた人。
大学生にとっては夏休み・お盆前ということもあり、欠席者が特に男声パートでちらほら。
部屋の響きは、舞台の上で歌ってるみたいな感覚。離れた場所にいる人には声が飛ぶのかもしれないけど、他の練習場に比べると、耳を使ってアンサンブルするのに少しばかり労力がいるかなあ。
発声ののち、前半はG. P. Palestrina のモテット「Sicut cervus」「Super flumina Babilonis」を練習。
うちのパートだけところどころ落ちてしまう。ああみっともない。せきにとっての鬼門は、拍の頭じゃない部分(という表現が適切かどうか。当時の音楽は拍子・小節の概念がないに等しいので)ぽい。
指揮者・tek310氏の指導では、皆川達夫先生の講習で教わったことを引き合いに出したくだりがあった。「ああ皆川先生からは大学時代こんなことを言われていたもんだな」と思い出して懐かしくなる。
そういえば立教グリー現役時代の練習で皆川先生は「ブレスを吸うときはバラの香りやステーキのにおいをかぐみたいに」「フレーズの途中で弓をかえすな(弦楽器の演奏にたとえて)」「フレージングは糸(蜘蛛の糸だったっけか? うろ覚え)を手繰り寄せるみたいに」なんてこともおっしゃってましたですね。何年もご無沙汰してると忘れてるもんですなあ。
後半は三善晃編曲「五つの日本民謡」より「佐渡おけさ」「ソーラン節」。
「佐渡おけさ」、譜面では3番まで歌詞が付いているが、1番の歌詞のみで歌う。3番カッコからエンディングに飛ぶ練習でも、なぜか1番の歌詞で歌うよう指示されて怪訝に思ったが、その場で質問した者が誰もおらず、せきは情けないことに隣の人と顔を見合わせて首をかしげたのみ。
メンバーのほとんどが、地元なのに、佐渡おけさの原曲に接したことがないのにびっくり。かくいう自分も前半の「〜草木もなびくよ」までにあたる部分しか記憶に残ってないけど。
「ソーラン節」は個人的にウィークポイントがようやく絞り込めてきたって感じ。
しめくくりに、合唱祭でも取り上げた「うたを うたう とき」をちょろっと歌う。
楽譜を持ってこなかったため何人かで1冊の譜面を囲んで歌った人が多かった。せきもその一人だが、あえて譜面をはずしてみた。まだ暗譜の記憶は十分に残っているようだ。
Altoの新入りメンバーさんはつい最近出版されたばかりの改訂版「新しい歌」楽譜を見ていたが、その譜面を見てconさんは改訂を知らなかったらしく譜面づらの違いに驚きの声をあげていた。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme