blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

ハモリ倶楽部 8月号

「Nコンマガジン ハモリ倶楽部」の、昨日8月29日に放映された回について。
合唱部訪問VTRは鹿児島女子高。
「週1コース」なるものを部員を増やす策として導入しているとのことでした。塾やお稽古事に通う学生でも参加しやすいようにというものです。ふつう夏休みは朝から夕方まで毎日のように6時間の練習なのに対し、週1コースでは木曜の午前中だけ練習に参加すればOKだそうで。これで3名が週1コースとして参加しています。
そして迎えたNコン県大会。鹿児島女子高の週1コース参加者でオンステしたのは3名中2名、あと1名は客席で聴いていました。そしてめでたく金賞を獲得、県代表となり、週1コース参加者は皆さん揃って正式入部でめでたしめでたしという顛末。
週1コースは練習が少ないと音楽を体に入れて暗譜するのがが大変そうな気もしますが、それよりも垣根を低くしようとすることが面白い試みだと思いました。
ルポVTRに続き、Nコンリポートの数々。順番が前後してたらご容赦。
その1。
神奈川県大会・中学校の部で、いきものがかり(課題曲「YELL」作者)がサプライズゲストとして登場。当然、会場は大盛り上がり。2階席だか3階席だかの片隅に隠れて本編をずっと見ていたとのことです。
ヴォーカルの吉岡聖恵さんは中学校時代合唱部員、しかも部長経験もあるそうで、Nコン県大会に出場したときの1シーンが流れていました。
その2。
高校の部の課題曲の後半にあるアドリブOKな箇所だけ次々とVTRが流れました。
そこで顧問の辻秀幸氏が、またまた「ロマンチストの豚」を歌いながら(回を追うごとに歌うフレーズが長くなってきているような)登場。課題曲お披露目番組「春だ! ジャンプだ! 合唱だ! ——Nコン2009開幕!——」で高校の部の課題曲・女声バージョンの参考演奏を指揮した辻顧問は、ハモリ隊と藤井まどかアナウンサーによる輪唱「かえるのうた」と一緒に、ゴリ部長とダブルダッチ(持ちネタ「ラジバンダリ」で有名になったレッドカーペット芸人。今月の新入部員という設定)に蛙から連想するオノマトペを口ずさませるという形で、アドリブのポイントを実演指導しました。
そういえば、藤井アナは、小学生・中学生と合唱部員だったことを、今回3回目になってカミングアウトしてましたね。
その3。
今年初の企画「クラス合唱選手権」の中間報告。せきの知るクラス合唱って普通に歌うだけだったように思いますが、いろんな曲をバリエーション豊かに披露している学級が多いようで。
続いて「ロングトーンバトル」。
感想は6月号7月号のリポートで書いたことの繰り返しになるので割愛。
今月のチャンピオンに輝いた男子部員はオードリー・春日の真似をしながらの登場だったのですが、その次に登場した部活VTRで「○○学校○○部です」と名乗った男子部員(出場者とは別人)がナチュラルにちょっとオードリー・若林っぽかったような気がしました。
次回は今年度の最終回、9月19日。来年度もやるのかどうかは知りません。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme