blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

ハモリ倶楽部 9月号

「Nコンマガジン ハモリ倶楽部」の、9月19日に放映された回について。
今回はゲストの芸人は登場せず。
その代わりなのかどうか、顧問の辻秀幸氏がオープニング途中で登場し「今回で最終回」と宣言。副部長の藤井まどかアナウンサーひとりが最終回であることを事前に知っていたという体裁で、ゴリ部長らとのやりとり。
辻氏は番組終了までずっと出演。辻顧問のブログで最終回収録の報告をしたエントリ皆様から「殆ど出てないジャン」とか と書いてあったのはそういうネタフリだったのですね……。
合唱部訪問VTRは2本。いずれもリポーター芸能人はなし。
1本目VTRの訪問先は大田原市立川西中学校。
統廃合により今年度限りで川西中がなくなるため、川西中としてのNコン出場も今回が最後。
一同、金賞獲得に向け気合が入る。特に女子部員は、ライバル・大田原市立黒羽中学校(来年度からの統合先)の演奏を聴いて以来、触発されて練習に熱がこもるようになった。
そしてNコン栃木県大会本番。川西中・黒羽中とも選外だったが、悔いを残さず一生懸命頑張ったということで自らを納得させる川西中メンバー。
VTRの2本目は「ハモリ倶楽部 6月号」でも訪問した仙台市立西山中学校男声合唱団の追跡レポート。
部員勧誘企画として学内で歌ったことが功を奏したらしく、メンバーが倍増していた。
こちらもNコン金賞めざして奮闘。宮城県大会では、緊張をほぐすため移動中の乗合バス車内でも練習したり、舞台袖でお互いの肩をマッサージしあうも部長が強く肩を揉まれすぎたり。結果は奨励賞。
いつもNコンで同校は、特別に許可を得て課題曲を実音でオクターブ下げて男声3部で歌っている。今年の「YELL」もそれで歌ったが、本来の編成である女声でよりも演奏効果が発揮されていたように思いました。
VTR最後で「来年度から女子部員を入れませんか?」と尋ねられ、拒絶する部長。スタジオでは6月号のときと同様、ハモリ隊を名乗る女性出演者を中心に「混声のほうがいいのに」という流れになり、「男声合唱もいいよ」というフォローが皆無だったのが男声合唱愛好者として残念。
続いて、Nコン特別企画「クラス合唱選手権」予選報告。
合唱指揮者の大谷研二氏・加藤洋朗氏・辻氏がノートパソコンの画面を見ながら動画を審査するシーンがあり、辻顧問だけカメラ目線で一瞬ポーズを取っていたような。
Nコン全国大会出場校の発表。辻顧問からのアドバイスつき。
「ロングトーンバトル」。
今回はグランドチャンピオン大会と銘打ち、これまでの最長記録を出した先月出場の男子部員と、彼に挑戦する形で8名の新規参加者が出場。その中には、ゴリ部長と、今回の前半で取り上げられた大田原市立川西中学校男子生徒がいた。
グランドチャンピオンに輝いたのは前回のチャンピオン。
ゴリ部長は史上最短の1秒で終了し、辻顧問から叱られていた。本人の言い訳は「モニターに映る自分の歌い顔を見て噴き出してしまった」。
エンディングは出演者一同、涙、涙(という体裁で)。
全体の感想。
部活動の青春群像をバラエティ番組的ノリでまとめたもので、NコンのPR番組としては贅沢、4回で終了というのがもったいないと思いました。来年度こういう番組は作られるのでしょうか?

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme