blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

いきものがかり 15歳へのエール

去る10月3日(土)夕方にNHK総合テレビで放映された「いきものがかり 15歳へのエール」を視聴。

NHK学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「YELL」の関連番組です。

最初に断っておきます。今年の放映済Nコン関連番組で撮影されたシーンが何割かを占めてます。よくいえば無駄が少ない。反面、ケチだの横着だのなどと悪く受け取った人もいるかもしれません。

オープニングは、いきものがかりの3人が、夏の日に誰もいない神奈川県立音楽堂を訪問するシーン。ヴォーカルの吉岡聖恵さんは神奈川県出身、中学校時代は合唱部員で、当時も今も県大会会場である神奈川県立音楽堂は思い出の場所なんだそうです。この番組のために新たに撮りおろされた、ほぼ唯一のシーンだったような。

続いて、いきものがかりの3人が出雲市立第一中学校を訪問したときの模様。

吉岡さんによる叫び練習は今年5月に放映された「いきものがかりの合唱部にエール!」でも流れたものですが、課題曲作詩作曲者でもあるリーダーの水野良樹さんが「将来何をしたいか」と第一中学校合唱部員に尋ねる場面は初オンエアだったような。

栃木県の大田原市立川西中学校の臨時合唱部員が「YELL」に取り組む模様のVTR。このくだり、いきものがかりは登場してません。「Nコンマガジン ハモリ倶楽部」9月号で流れた映像を再編集したものですね。

いきものがかりが「YELL」を作曲する場面と、セルフカバーシングルをレコーディングする場面の映像。水野さんはギターをかき鳴らして口ずさみながら、A4判の紙にワープロで打ち出した歌詞にコードネームを付ける形で作曲していたっぽいです。あと、セルフカバーシングルをレコーディングする場面では、A4判の歌詞シートに編曲者・松任谷正隆さん(ご存じユーミンの伴侶)のお名前が書き足されていたような。

このへんだったように思うんですが(うろ覚え・自信なし)、課題曲を作詩するにあたって水野さんが「中学生はごまかしのきかない年代だから、本気になって向かい合って書かなきゃ」みたいな抱負を語っていました。

そして、今年のNコン神奈川県大会でのいきものがかり。本編終了後のサプライズゲストということで、出番前は3人そろって出場校の演奏を見ていました。最初は控室でモニターを通してでしたが、「もっと近いところで生の演奏を見たい」というリクエストから照明ブースに移動。

吉岡さんは混声版の演奏に「男声が入ってくるところはサウンドが重厚になって讃美歌みたい」という感想を漏らしていました。もし吉岡さんが「ハモリ倶楽部」9月号で流れた仙台市立西山中学校男声合唱団による演奏を聴いたらどう感じたか、ちょっと気になるところです。

サプライズゲストとして舞台に登場したあとのくだりは一部「Nコンマガジン ハモリ倶楽部」9月号でも流れました。

Nコン神奈川県大会には、水野さんが学生時代ずっとお世話になっていたピアノの先生が来ていたそうで(先生ご本人の姿は映らず、水野さんのコメントのみ)、その先生は「YELL」が歌われるのを聞いて「まるで中学生のころの水野君を見ているようだ」と言って大泣きしたとのことです。それについて、水野さんご本人は「15歳の時の自分にも繋がる歌詞をちゃんと書けたんだな」と感想を述べていました。

エンドロール。この番組を含む今年のNコン関連番組で中学校を取材した模様の断片が次々流れていました。

昨日4日にNHK教育テレビで再放送がありましたが、そのときは新潟ユース合唱団の練習の真っ最中だったので見てません。

あと、10月9日の深夜(10月10日未明)にNHK総合テレビで再々放送があるそうです。


※ご参考:NHKの番組表の解説ページ(ウェブ魚拓

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme