blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2009/10/04の日記

新潟ユース合唱団の練習 於 新潟市立明鏡高等学校に出席。
7時ちょっと前に起床、朝食を済ませ、8時間際にマイカーで出発。
移動はずっと下道、国道8号経由で練習会場に向かう。
車内では晋友会のCDをかけ、前回の練習で一番ヤバかった「佐渡おけさ」だけ延々リピート再生。あの曲の男声パートは譜面をまともにリズム読みしようとすると錯乱しちゃうんで、耳から入ろうという作戦。
例によって、練習に先立ち、10時から実行委員会の会議。
アンサンブルフェスティバル(10/24)および合唱講習会(11/8)について当日の流れを確認したり、来年度以降どうするか話し合ったり。
合唱講習会については、せきが地元民ということで会場・長岡リリックホールとの窓口役を仰せつかっており、連休明けにリリックホールとの打ち合わせを予定しているので、今回の実行委員会ミーティングを休むわけにはいかなかった。
午後から練習。
・パレストリーナ「Sicut cervus」「Super flumina Babylonis」
特にルネサンスポリフォニーでは、耳を使うのって大事ですね。
・三善「佐渡おけさ」
作戦成功。
女声パートが合いの手・お囃子を模したものであることは当初から分かってはいたのだが、この女声パートを聴けば歌いだしや歌詞のタイミングが取りやすいということを、練習中に発見。
・三善「ソーラン節」
「佐渡おけさ」にかまけていたせいか、曲後半、微妙に音型を変えながら掛け声を歌うくだりでボロボロに。鍵盤を叩きつつ改めて譜読みし直しですな。
・信長「うたを うたう とき」
改訂新版での練習。
当ブログに「『新しい歌』改訂で何がどう変わったか概観する(混声篇)」というエントリを書いたことなどにより、せきが改訂に伴う変更点を説明することに。だが悪い癖が出た。しゃべりすぎて指揮者tek310氏から巻きの指示をいただいてしまう。
実際に歌ってみると改訂によって音楽の流れがより豊かになったように感じた。第24小節のdiv.改訂について、指揮者の感想は「改訂新版のほうがよく鳴る」。
次回の練習は10月17日だが、祖母の四十九日法要で欠席せざるを得ない。よって今回がせきにとってはアンサンブルフェスティバル本番前のラスト練習であった。
アンサンブルフェスティバルのあとはいきなり講習会。新潟ユース合唱団は35歳定年制なので、来年2月に36歳を迎える身としては、正規団員としての練習参加は今回が最後(のはず)。
残された本番とイベントでは有終の美を飾りたい。

コメント(2)

  1. ユースではお世話になってます。
    うちのブログにいただいたコメント、記事を削除した関係で消えてしまいました。すみません!他意は無いのです…という言い訳です。
    ユースもあと一ヶ月ですね。私も来年は参加するかどうかわからないので、最後の一ヶ月かもしれないです。こちらこそよろしくお願いします。

    返信

    con

  2. いらっしゃいませconさん、ですね。ご丁寧にどうもです。
    消えたコメントに書いたことを、いちおうメモっときます。
    ・12月8日の件(結論は日記の形で事後報告として書くかも)
    ・Ariel Quintanaは名島氏がいろいろとお気に入りの作曲家らしいですよ
    ・あと1ヶ月よろしくお願いします
    あ、定年後もご縁あったらよろしくです。

    返信

    せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme