blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

「Nコン2009全国コンクール」TV観覧記: 中学校の部

忌明け前で家を無人にできない状況下、昨日・本日と家人が外出していたので、せきが留守居せざるを得ず。

で、昨日に引き続き、Nコン2009こと第76回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の全国大会TV中継を見ておりました。

課題曲

いきものがかりヴォーカル・吉岡聖恵さんの歌い口の呪縛がどこかしら合唱団に残ってたのかもという印象を受けました。

吉岡さんは一文節一文節を大切に歌う人。ただ、オーソドックスな合唱とピアノで真似ようとするとフレーズが細切れになりやすい。

また、吉岡さんには語尾を念押しする傾向があります。あれはあの歌声とPAとバンド系サウンドだから成り立つ歌唱法。オーソドックスな合唱とピアノでの演奏なら息の長いフレージングとのバランスを考える必要が生じるように思います。

自由曲

なぜか鈴木輝昭作品を取り上げた学校の大半に共通して「歌詞が棒歌い」という特徴を感じました。

最初は書法のせいかと思ってましたが、「都の春」を歌った三重大学教育学部附属中学校は単語の頭を捕まえ直しているのが伝わったので、やはり演奏者の問題なんでしょうね。

もし木下牧子氏みたいにディクションに厳しく注目する人が審査員にいたら、かなり順位が違っていたのでは。

合同合唱「茜色の約束」

スペシャル合唱団による書き下ろし編曲、いつもは軽く公開リハーサルした上で演奏するんですが、今回は手紙朗読だのいきものがかり生演奏だの他の企画がてんこ盛りだったせいでしょうか、いきなり本番でしたね。合同でのリハーサルは開幕前にでもやったのかな?

放送席ゲスト

秋川雅史さん、宗教曲だからということでプーランクの演奏前に「原点回帰」と言ってしまったこと、実演を耳にして後悔したんじゃないですか? プーランクは確かにグレゴリオ聖歌の影響を自作に生かしてますが、あくまでも近現代の作曲家です。

大沢あかねさん、バラエティでは賑やかに騒ぐ場面の多い人なんですが、今回それなりに番組のカラーに沿ったコメントを発していて、ちょっと見直しました。昨年の森下千里さんみたいな合唱部経験者だったらもっと深いことが言えるんでしょうけど。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme