blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2009/10/24の日記(その2)

第1回にいがたコーラスアンサンブルフェスティバルに出演した団体のうち、よそ様のステージについて勝手にいろいろと記してみます。

○ カンターレ

無伴奏混声合唱のための「シャガールと木の葉」(北川昇)より「I. 歩く」「II. あお」
男声は全員トルヴェールのメンバー、女声に新潟ユース仲間が若干名。
実演に接したことが2度ほどあるが、今までの記憶とは段違いに精度の高い演奏。
「シャガールと木の葉」は1年近く付き合ってきた曲らしい。せきは北川作品自体初体験だが、歌い手がハマるのも、それだけの力を持つ曲であることも、演奏を聴いてよくわかった。

○ 4 colate

「Matona mia cara」(O. ラッスス)
「ロマンチストの豚」「鴎」(木下牧子)
新潟大学室内合唱団メンバーによる混声カルテット。
ラッススは縦割りの曲で「よくまとまってる」という程度の印象。木下作品の掛け合いが混ざるくだりで「女声、特にソプラノが凄いんだ!」と気づく。男声2名も合唱のアンサンブル職人として素晴らしいのだが、カルテットなら個性をもっと表に出してもよかったんじゃないかなあ。

○ 女声アンサンブルiris

「Ave Maria」(G. P. da パレストリーナ)
「さくら」「一番星見つけた」(編:信長貴富)
「Drei geistliche Choere」op.37(J. ブラームス)※「oe」はoウムラウト
指揮者tek310氏のもとに、合唱好きで実力豊かな合唱歌手が集った団。前述した4 colateのソプラノさんもメンバー。
サウンドの純度は出演団体中白眉。県の2009年アンサンブルコンテスト代表に輝いたのも納得。
名島先生からの講評を聞き「ああ、新潟ユース合唱団もこういう雰囲気のサウンド(純度は及びも付かないけど)なのだな」と思った。

○ 合唱団NEWS

「いっしょに」「サッカーによせて」(木下牧子)
「Stabat Mater dolorosa」「Laudate Dominum」(U. シサスク)
混声アカペラ版「地球の歌」(佐藤さおり)
新潟ユース合唱団でご一緒したメンバーが何人かいるご縁で、せきは演奏会に一度おじゃましたことがある。
4 colateの木下作品と比べると、音色の暖かさ・やわらかさが印象に残る。
オンステ人数は1パート3人前後だったかな。この規模だと合わせに行こうとするあまり小ぢんまりしがちなように思われるが、NEWSは一人一人がのびのびアンサンブルしているのが興味深かった。
合唱団NEWSの講評のあと、指揮者氏が「わが団におすすめの、外国の現代作品を紹介して欲しい」と名島先生に尋ねた。先生は、海外現代作品の源流といえるものとして、コダーイやバルトークの名前を挙げていた。
名島先生が答えを探すのを見ながら、せきも一緒になって投げかけに対し考えてみた。部外者で僭越ながら申し上げますと、貴団のトーンにはイギリスの作品が似合いそうな気がいたします。洋物に疎いので作曲家を羅列する程度ですが、ジョン・ラターとかヴォーン・ウィリアムズとかエルガーとかホルストとかの方面です。

コメント(2)

  1. 先日はお疲れ様でした!
    合唱団NEWSの音楽監督です。
    ごあいさつもせず申し訳ありませんでした…。
    当団へのあたたかいコメント、ありがとうございました! メンバーに紹介しつつ、今後の活動の糧にして行こうと思います。
    そして…レパートリーへのご意見、本当にありがとうございます! 「この団体にこんな曲、似合うんじゃない?」というような意見交流って、もっとあってもいいと思うんですよね。ご意見の内容も参考になりましたし、リアクションいただいたこと自体に、感謝・感謝です。
    今後ともよろしくお願いいたします!

    返信

    こっち

  2. こっちさま、はじめまして。ブログは時々拝読しております。
    共通の知人がいるにもかかわらず、わたくしpoco人見知りなもので直接ご挨拶する機会もないままだったのですが、わざわざうちのブログにまでお運びをいただき恐縮です。いずれお目にかかった折ご挨拶できればと存じます。
    「この団体にこんな曲、似合うんじゃない?」というような意見は、コンクールでの批評(選曲ミスの指摘という形が多いかな)とか、外野の放言としては、そこそこ見かけます。
    ただ、どちらにせよ一方通行。
    今回のように合唱団側から選曲に対する意見を求めるのは珍しいと思います。演奏会のアンケートに「今後とりあげてほしい曲があったら挙げてください」みたいな設問があってもよさそうなんですけどね。

    返信

    せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme