blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2009/11/08の日記

朝9時半過ぎに家を出て、新潟ユース合唱団の主催事業「合唱講習会 〜発声の基礎を学ぼう〜」会場のリリックホールへ向かう。
10時過ぎの出発でも集合時刻10時半には余裕で間に合うけれど、第1スタジオの鍵を開けたりなどする都合で予定を早めた。
今年度、新潟ユース合唱団が長岡で何かやるのは3回目になる。その場所取りは3回ともせきが担当していたものの、過去2回は当日ほかのメンバーが先に会場入りしていて開錠など代わりにやって下さったので、ちょっと申し訳ないなと思っていたのだ。
で、今回せきは一番乗り。すぐ後に来た新潟大学医学部合唱団員4名ほどを少々お待たせしてしまったが、無事に開錠完了。
午前中は会場設営ののち、ウォームアップと講習曲「Super flumina Babylonis」のおさらいを1時間ちょっと。
13時半、講習会スタート。ご年配から高校生まで50名ほどの受講者が参加してくださった。
講師・清水雅彦先生は小千谷市のご出身なので「新潟県で活動をすることには格段の思い入れがある」というお話から始まる。
清水先生のご指導について、引き出しの豊富さや、飴と鞭の絶妙な使い分けに、感服するところ大であった。
前半2時間弱は、発声法の手引き。
立つ姿勢、ブレス(吐き出し方、保ち方、様々な吸い方の使い分け)、母音の発音(口の開け方、ノドの奥の開き方)、音域の変化に伴う体の使い方、などなどなどなど。このくだりだけに3時間を費やしてもよかったのではというぐらいのボリュームだった。
せき個人に響いたご指導は
「いつも笑って」
「へその裏のコントロール(ブレスを入れるポイント)」
「前に出した息を吐ききらないと、次のブレスの入りが浅くなる」
「ひざ付近の空気を下に押し下げる(ブレス・声を出すときの支え)」
「フレーズが先に進むに従って、声の意識を高めに持ってゆく(講習中、これをサボり『仕事してますか?』と注意されることもあった)」
あたり。しばしばつまづいていたポイントに対する解決策の発見や、大学グリーおよびOB男声合唱団時代にご指導いただいて忘れかけていたことの思い出しにつながったことがたくさんあった。
後半1時間ほどは、講習曲の実演指導。
グレゴリアンチャントを導入にしたアルシスおよびテージスの歌い方や、ルネサンスポリフォニーの演奏法に踏み込んでの曲作りなど、これまた1時間では足りないほどのてんこ盛り。ひとつひとつのご指導で、サウンドがどんどん立体的になっていく。
もちろん発声面からのご指導もあった。[e] や [u] の発音に対する注意が多かったことに、この母音の難しさを改めて感じた。
終了、撤収、諸連絡。
2010年度、新潟ユース合唱団は演奏会を行うことがメンバーに公表された。そこで客演指揮者に清水先生をお呼びすることをtek310氏がアナウンスしたら、歓喜の反応をしたメンバーが多数。いい講習会を開けたことが確認できて嬉しかった。
そこでせきが「自分はもう参加できませんけど」と前置きして定年退団の挨拶を述べる。
解散後、リリックホール事務室に鍵返却と備品使用料支払いに行き、講習会プロジェクト完了。大過なく終えることができ、安堵した。
これで今年度(まだ他の件について引継ぎが残ってはいるものの)、そして4年間にわたる新潟ユース合唱団でのわが活動はおしまい。。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme