blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

Rikkyo Songs 合唱版のこと

一昨日付けエントリ「グリフェス動画 公開スタート」で紹介した動画以外の、立教大学校歌・応援歌の合唱編曲について、知る限りをまとめてみます。

○ 立教大学校歌「栄光の立教」

混声合唱では、石丸寛氏による編曲が歌われていた時期があったようです。せきは、OB男声合唱団「愛唱曲集」の編集を手伝わせていただいたときにこの編曲を知りました。

女声合唱では、北村協一先生による編曲が歌われています。演奏会のエールとしてピアノ伴奏が付きます。それ以外の場ではアカペラでも演奏されます。途中「雲居」のモイについて正規の校歌では付点4部+8部なのが、なぜか4部+4部の均等割りで長らく演奏されています。せきの現役時代、女声に「そこのリズムは付点4部+8部が正式だから」と言ったことがあるんですが聞き入れていただけず現在に至る次第。

男声合唱版も北村協一先生による編曲があり、女声合唱と一緒に混声7パートで演奏可能になっています。確か昭和63年卒団の代(キャプテンは卒団後、北村先生の還暦祝賀として多田武彦先生に書いていただいた「Ful Ful Wonderful」を作詞した人)で書き下ろしてもらったものです。エールにしては凝った編曲で、普通に終わるバージョンと、「St. Paul’s will shine」と連呼するバージョンの2通り、エンディングが用意されています。いずれのバージョンも曲の終わりでTop TenorにHi-Bが出てきます。一時期、男声定期演奏会のアンコールで「神ともにいまして」の前に次年度の学生指揮者がこの曲を演奏していたことがありますが、近年は公的な場では演奏されていないようです。

もう一つ、山古堂氏のブログ「第1回 大学合唱最古の録音」に紹介されている、辻荘一名誉部長先生による合唱編曲に西垣鐵雄氏がオーケストラ伴奏を付けた編曲があります。せきは未聴ですが、おそらく前回紹介した編曲を男声合唱で演奏したものと思われます。

○ Rikkyo College Song(第2応援歌)「St. Paul’s will shine Tonight」

男声合唱編曲がいくつかあります。せきが知っているのは2つ。

一つは、前述の山古堂氏のブログ記事で紹介されている、西垣鐵雄氏によるオーケストラ付き編曲。これについては「山古堂所蔵音源」という記事でMP3版の音源が聴けます(いつまで聴けるかわかりませんが)。

もう一つは、ビクターだったかのレコードに収録されている男声無伴奏合唱。ずいぶん前に聴いた音源なので編曲者などのディテールは失念しましたが、鶴岡陽一氏の編曲に若干の手を加えたものです。具体的には、短2度(半音)だったかキーが下げられており、一部フレーズで鶴岡版では違う動きをするTop TenorとSecond Tenorがユニゾンになる程度の違いだったような。

前回の記事に書いたとおり、「女がセントポールを歌うなんて」という抵抗があったため、男声合唱以外の編成で歌われることは長らくありませんでした。

せきがOBになって何年かたってから、グリーフェスティバル後の懇親会などで男女一緒に「St. Paul’s will shine Tonight」を歌うようになりましたが、女声パートは主旋律をなぞっていました。

新たなる動きがあったのは1999年。

11月6日に開催された、グリークラブOB会と立教大学オーケストラOB会の出演による「立教学院創立125周年記念演奏会」で、混声合唱とオーケストラで立教ソングを歌うことになったのです。

そこで、不肖せきが女声3部(全パートにdiv.あり。ただし同時に鳴る音は最大4声)に編曲したものをこしらえました。鶴岡氏による男声合唱編曲をなるべく忠実にトランスクリプトし、女声だけでも、あるいは既存の男声版と合わせて混声7部でも演奏できるようにしたものです。

初演は、混声7部合唱に、他の方(失念、いまパンフレットが見当たらなくて確認できず)の編曲によるオーケストラを合わせた形で、昭和56年卒・高坂徹氏のタクトにより執り行われました。

その後2〜3年ほど、グリーフェスティバルのアンコールなどで、この混声7部版を演奏していただきました。

現役女声の愛唱曲集にはわたくしの女声3部バージョン楽譜も掲載していただいた時期があり(今もそうなのか存じませんが)、グリー内輪のイベントで女声だけで演奏してくださったこともあるようです。

ただ、のちに鶴岡氏ご本人が女声パートを2声に簡略化したバージョンを作り(大方わたくしの編曲が拙かったせいでしょう……)、混声合唱としては現在そちらが専ら演奏されています。

○ その他の応援歌

立教大学には第6まで応援歌が存在しますが、第1・第2以外の公式な合唱編曲は今年まで作成・演奏されなかったはずです。

手前味噌ながら、せきは大学3年ごろからOB男声合唱団に混ぜていただいていた時期までの間、趣味で合唱編曲をたしなんでおり、立教の応援歌群も男声合唱にアレンジして遊んでいました。第3応援歌は、OB男声合唱団の愛唱曲集に載せていただいたことがあります。第1応援歌は現役の某演奏会マネージャーから演奏したいという個人的な打診をいただいたことがあり快諾したのですが、結局お流れになってしまいました。

せきの書いた編曲の中で実際に演奏していただいたのは、前述の女声3部版「St. Paul’s will shine Tonight」が今のところ唯一です。

わたくし以前にも、応援歌の合唱編曲を試みた立教グリーファミリーメンバーはいらっしゃったことと思います。


【2009/12/21追記】

記事タイトルの大文字小文字を修正しました。

第1応援歌については鶴岡陽一先輩による合唱編曲が存在するとのことです。ただ、あまり評判が芳しくないようで、新たに星野和夫氏に書き下ろしていただくに至りました。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme