blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2010/01/17の日記

13時から、男声合唱団トルヴェールの練習 於 万代市民会館(於 新潟市中央区)に出席。
ここ2〜3日のドカ雪で道路状況も在来線の運行状況も読めなかったので、今回は上越新幹線(Sきっぷ)で往復した。
車窓から道路状況を見たところ、主要幹線道路は路面に雪がなく流れがスムースだった様子。マイカー移動でもよかったのかも。
在来線については使わなくて正解だった。駅や車内の電光掲示板によると、信越本線は除雪作業のためダイヤ乱れまくり、上越線は運転見合わせ(実際は間引き運転していたらしい)。
出席者は、本番で指揮者に専念する予定のtree2音楽監督と、Top Tenor = 2名、Second Tenor = 0名、Baritone = 1名、Bass = 2名。
Second Tenorは参加を表明しているのが2名だが、今回はtree2氏が代打として振りながら歌う。他のパートはこれでフルメンバーのはず。
1週間後に控えた新潟県アンサンブルコンテストの出場曲「忍路」「夏になれば」(いずれも組曲「吹雪の街を」より)を歌う。
どっちの曲も多田武彦作品にしてはやや凝った音遣いで、本番間近というのに、いまひとつ和音の決まりが芳しくない。
Bassのせきは、Top Tenorとのオクターブや10度をはめ込むよう心がけて練習した。なのに途中「外声の仲が悪い」と言われて残念。
この団体の練習は、多くの合唱団でみられるような指揮者→歌い手の上意下達ではなく、メンバー各人がよりよい演奏をするための意見を遠慮なしに出し合う。刺激的で面白い。せきもいろいろしゃべるひとりなのだが、受け入れてくださるのはありがたい。
次の練習は本番前日。練習でやっていることがリセットされないようにしなきゃ。

コメント(2)

  1. >この団体の練習は・・・(以下略)
    裏を返せば、音楽監督が頼りないというか、いいかげんというか・・・(自爆)
    こんな練習ですが、いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
    確かに、和音の決まりが芳しくないですね・・・
    こればっかりはなかなか特効薬がありません。特にパートが欠けた状態ではなんとも・・・
    メンバーが(多分)揃う前日に期待です。

    返信

    tree2

  2. わ、自爆させてしまい申し訳ないです。
    自発性に富んだメンバー諸氏の交通整理をし、音楽づくりの方向性を示して演奏をまとめるtree2さんは、ぜんぜん頼りなくありません。下手な人が下手に仕切ろうとすると反発が起きて凹まされがちですから。
    和音については、サウンドになじむのに普段より時間がかかっているのかなという印象を受けています。なにしろ多田先生が凝った技巧を多用する合唱曲を連発していた時期の作品ですもの。
    せき個人的には、時折「聴きあって合わせに行く」ことを忘れていると反省してます。

    返信

    せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme