blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

Lieder Eines Fahrenden Gesellen

カワイ出版の新刊目録に『福永陽一郎(G.マーラー):男声合唱とピアノのための「さすらう若人の歌」』が載りました。

個人的には懐かしさを感じます。せきは一度、立教大学グリークラブフェスティバルで、この組曲をOB男声合唱団の一員として歌った経験があります。

もともとサニーサイドミュージックという出版社から上梓されていた楽譜ですが、出版社の廃業で入手困難になっていたものです。詳しくは、2009年07月22日付けで書いた『サニーサイドミュージック社 廃業』を。

間もなく楽譜店で購入できるようになるでしょう。喜ばしいことです。

なお、サニーサイドミュージック版から改訂が加えられているのだそうですが、編曲者の福永氏は1990年に鬼籍に入った(今年って没後20年なんですね)ので、他のどなたかが校閲を加えたものと思われます。


サニーサイドミュージックは、外国歌曲の福永氏による男声合唱編曲集を3冊出しました。

1冊が「さすらう若人の歌」。

1冊が男声合唱とピアノのための「ジプシーの歌」で、こちらはChorus Score Clubこと有限会社キックオフが拾い上げてくださいました。

残る1冊「Liebeslieder(愛の歌)」は今もそのままになっているはずです。どこかの出版社が再発売してくださいますように。


ちなみにChorus Score Clubは、合唱団NEWS(こっちさんが音楽監督を務める)が佐藤さおり氏に委嘱したアカペラ小品集の楽譜を出している出版社です。

あるときから公式サイトにアクセスできないことに気づき、いずれ稲垣社長にお目にかかる折があったら問い合わせてみようと思っていたのですが、昨年秋にサイトが引っ越してたんですね。次回「日本の絶版・未出版男声合唱曲」を更新する際にURL変更を反映しなきゃ。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme