blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

合唱曲としての「桜の栞」

本日3月3日は「女の子の節句」こと雛祭りなので、それっぽい話題。
先月17日付けでAKB48が「桜の栞」という楽曲をリリースしました。
AKB48ファンの力が大きいとはいえ、合唱の体裁を取る曲がオリコンチャート1位を獲得したというのは記憶にありません(もしかすると初かも)。
あちこちの評判を見てると、主に合唱畑どっぷりでない人から新鮮に映ってるようです。
ゴスペラーズみたいなコーラスグループを除くと、J-POPで複数名からなる集団が2声以上に分かれてハモるのって意外と少ないですからね。掛け合いや茶々入れはちょくちょくありますけど。
せきは現時点でシングルは購入してません。TVで2度ほどパフォーマンスを見ています。
第一印象は、いかにも合唱らしい楽曲に仕立てられていることにオオと思いました。
もっとも「らーのーしーおーり」と同音が連続するくだりで徐々にピッチが下がっていくあたりも、ありがち。
一般人が合唱として「桜の栞」を演奏する場合、歌パートについてはそっくりそのまま中高生のクラス合唱に使ってもよさそうな音域と雰囲気です。原曲の伴奏に弦楽器が入ってるのをどう扱うかは悩みどころかな。
もっとも、部活とかで演奏する場合は高いキーに移調しつつリアレンジを加えたほうが本格的になりそうな気がします(Twitterでそう指摘してた人がいました。せきも同意)。
確か最上声部の最高音がEだかFだかどまりで、しかもその最高音を歌うときって主旋律でなく、その上にかぶさるオブリガードなんですよね。男声合唱のバーバーショップスタイルアンサンブルでありがち。
女声合唱のSopranoはメロディバカと自嘲する人がざらで、サビで主旋律が歌えないと欲求不満がたまるのでは?
ついでに、混声合唱で歌う場合、原曲の最上声部でオブリガードになる部分をTenorに割り当てる方針で編曲すると良さそうに思われます。
どっちにしろ、CDリリースと一緒に楽譜を発売しなかったのがもったいないですね。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme