blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

Nコン2010 – I ♥ ×××(アイ・ラヴ)

第77回NHK全校学校音楽コンクール中学校の部の課題曲について。

数日前にNコン公式サイトで歌詞が発表されたとき、唖然とする人や「だから大塚愛はダメだと言ったのに」みたいな拒絶反応を示した人が結構いました。

せきはそういう声を黙って傍観しておりました。テクスト単品で読むなら文学的価値を認めがたいコトバでも曲が付くことで生命が吹き込まれる事例は世の中にごまんとあり、作品の良しあしを判断するのは完成品を聴いてからでも遅くなかろうと判断したからです。

まあ一応、傍観中は表に出さなかった、せきが歌詞だけ見た時点での感想も書き留めておくと。

大塚愛のヒット曲はぶっ飛んだ表現が印象的なものが目につくんですけど、実は愛(作詞・作曲では名字なしでこの名義)氏が書く歌詞って英単語の利用は控え目な傾向があるんですよね。

なので、やたら「I ♥ ×××」に横文字が多いのは意図的なものなんだろうなと認識しております。

フジテレビ系バンクーバー五輪中継イメージソング『LUCKY☆STAR』と語彙の重複が多いのも事実なわけですが、姉妹作として狙ったものか単なる二番煎じかは判断しかねます。

「XXX」は英語では卑猥な伏せ字としても使われるだの「lover」は愛人って意味もあるだのという理由から中学生が歌うにはふさわしくないという評も見かけましたが、昨年度の高校の部の課題曲「青のジャンプ」が飛び降り自殺を推奨するみたいな歌詞だとかいうのと同じで、つまらない言いがかりでしょう。「×××」は卑猥じゃない単語の伏せ字として使われることもあるし、「lover」は恋人という意味で使われることもあります(例:ミュージカル「New Moon」の代表曲かつジャズのスタンダードナンバーである「Lover Come Back to Me」)。

ひとつ疑問なのは、この歌詞のどこにテーマ「いのち」が登場するのやらということです。番組で流れた作詞・作曲者のVTRコメントに「いのち」という語句は出てこず、この疑問は解消されませんでした。

作者コメント

作詞・作曲者:愛(大塚愛)氏
  • 「“愛”は自分の名前に使われていることもあり、生まれてからずっと大切なテーマ」
  • 「愛はいちばん手に入れるのが難しいもの」
  • 「中学生の皆さんには、どれだけ自分が幸せに囲まれていて幸せをつかんでいるか、今ある好きなものを歌にして自分の幸せを再認識してほしい」
編曲者:上田真樹氏
  • 「(参考演奏の実演を聞いて)包み込むようなあったかい演奏だった」
  • 「この曲はメロディが魅力」
  • 「三十何回も歌われる『I LOVE YOU』を、合唱でしか出せないような表現で歌ってほしい」

曲全体に関するせきの感想

編曲者が「いただいた曲はメロディが魅力」とおっしゃっていた通りで、詞が曲と組み合わさると、何ら抵抗も違和感もない、一つの歌として成立してますね。どっちかというと、シングルのカップリング、もしくはアルバムだけに収録されるタイプって曲のような気もしますけど。

そして、上田氏のアレンジは、原曲の持ち味を生かしつつ、各パートに見せ場を与えたり掛け合いを用いたりなどの技を駆使することで合唱曲としても聴いて歌って楽しいものになっていると思います。

近年だとポップス畑の人による課題曲は作者自身がセルフカバーするのが通例になっていますが、セルフカバーが今回の合唱版を超える説得力を持つには、かなりアレンジのハードルが高いのではないでしょうか。

技術面では発音・発語、具体的にはポップスでありがちな細かいリズムでの歌詞にしばしば出てくる促音と英単語の処理が難しそうです。

大谷研二先生が指揮した演奏では冒頭でハスキーな声色を用いてました。おそらく指揮者の演出だろうと推測しますが(かつて大谷先生の指揮によりスペシャルステージでポップス編曲を歌ったときにそういう指示をしたことが根拠。はずれてたらごめんなさい)この曲には似つかわしくないように聴こえました。


2010/08/01付記:曲の終わりのコード進行について間違ったことを書いてしまったので、関係する一文を消しました。ついでにタグを追加し、「×××」と「lover」について加筆。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme