blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2013/07/06の日記:夏の交歓演奏会2013 〜たなばた歌まつり〜

「夏の交歓演奏会2013 〜たなばた歌まつり〜」 於 新潟市音楽文化会館に、えちごコラリアーズのメンバーとして出演。皆々様おつかれさまでした。


まず本番前の直前練習を、新潟大学医学部キャンパスにて。あさひ薬局中央店付近に12:55集合。集合場所は新潟大学病院からすぐそばだが、できて日が浅いせいか地図検索サイトで探すのに難儀した。他の団員さんに教えていただかなければ迷いまくったかも。

練習に先立ち、一同でパンフレットにチラシ挟み込み作業。なぜか合唱団「弥彦」さんの団員募集チラシが2種類。

14時から、えちごコラリアーズ単独練習。当日やる曲を一通り。

引き続き男声・女声に分かれての合同練習と、混声合同練習。混声「星めぐりの歌」ではクラリネットと初めての合わせ(共演が決まったのは先月下旬だかで、パンフレットの印刷所入稿には間に合わなかったため、演奏者のお名前が載せられなかった)。


17時過ぎに本番会場へ移動。ゲネプロでもそうだったが、新潟市音楽文化会館付属のスタッフ用駐車場を手配して下さっていたので、ありがたく使わせていただいた。

更衣を済ませ、ピアノ調律が終わるのを待ち、18時だかから舞台上で混声合同の最終リハーサル。医学部キャンパスの練習ではピアニスト不在で、ここで初めてピアノ・クラリネット(原曲にはチェロパートもあるが、今回チェロなし)と合わせた。また、光を使った演出も取り入れたため、照明がらみの調整も。


18時40分開場、19時開演。演目は「【出演告知】夏の交歓演奏会2013 〜たなばた歌まつり〜」にて。

せきはピアノ運搬を務めた。第1ステージと第2ステージの間にピアノを動かす都合上、新潟大学医学部さんによる第1ステージは舞台袖で拝聴。ゲネプロもなかなかの演奏だったが、本番は段違いの仕上がりっぷり。

ピアノを舞台下手側に動かしてから客席に降り、えちごコラリアーズによる第2ステージ。個人的なことだけ書くと、いつも練習で積み重ねてきたことを忠実に再現するように心がけつつ歌っているのだが、どうも何かの拍子に声の出方とか響かせ方とかが変わってしまうことがあるらしく、今回の本番でそれをやらかしてしまったようで……。せき当人に自覚症状のないのがたちが悪い。どうしたものだろうか。

第3・4ステージは全編無伴奏なので客席で拝聴。irisさんは確かな演奏。昨年の医学部合唱団さんの定期演奏会でも思ったのだが、匠さんが振る「前へ」からは独特の意志の強さが感じられる。新大室内合唱団さんはルネサンスもの。短期間でここまで仕上げてゆけるのは、学生団体ならではの若さと伝統の強み。

第5ステージ。女声合同「ほたるこい」のあと、ステージ上のメンバーが総入れ替えし、直前リハーサルで並びをシャッフルすることになった男声合同「斉太郎節」。演奏後ピアノを下手端から中央に動かし、混声合同「星めぐりの歌」。


終演、大急ぎで撤収。せきはパンフレット残部をマイカーに積む。

21時15分前後に退館。えちごコラリアーズ仲間2名を乗せて新潟駅近くに移動。2名様は先に打ち上げ会場へ移動いただき、せきは近くのホテルに車を置いてチェックインののち打ち上げ会場に合流。

21時半過ぎに始まった打ち上げ、参加者は数十名。久々の賑やかな宴会だった。せきは主に学生さんと軽く話す。日付が変わるころに退店し、しばらく店の前でまったり。irisの皆様はずっと匠さんを囲んでいたっけ。

カラオケへ行く組に混ざろうかどうか迷っていて、その人たちは25時ごろに店へ動いたが、せきは離脱してホテルで就寝。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme