blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

北村協一先生にまつわる思い出 (1)

一昨日午後から「2011年東北地方太平洋沖地震」が起こり、現在も続いている。せきは新潟県中越地震と新潟県中越沖地震に被災した体験があり、TVで今回の惨状を見るたび当時のことを思い出して胸が重い。犠牲者のご冥福をお祈り申し上げるとともに、避難生活を余儀なくされている皆様にはどうか耐えて生き続けていただければと願う。



さて、2006年3月13日22時57分、北村協一先生が74歳で天に召された。あれから本日で5年。

逝去直後にWebで、また翌年2月24日に開催された『北村協一追悼演奏会 Love。』のパンフレットで、様々な方々が先生の思い出を綴っておられた。

そうした先達の皆様に比べれば末輩のせきだが、先生からご指導をいただく機会を得た者の端くれとして、これから何回かに分けて当時の記憶をアトランダムに綴ってみたい。

なお本シリーズは、当方の色眼鏡から事実誤認や誤記をやらかしているのではという危惧が、他のテーマにまして強い。


北村先生のタクトで初めて歌ったのは1992年、立教大学グリークラブ1年生のとき、第83回男声定期演奏会の最終ステージ「水のいのち」およびアンコール「月の光(組曲『中原中也の詩から』終曲)」。

1992年の北村先生+立教男声といえば組曲「雨」のレコーディング。これは2〜4年生による演奏で、せきは新入生ゆえ参加していない。六連で演奏した「雨」では客席で感涙した女子がいたという伝説を耳にした覚えがある。伝説が嘘か真かは知らねども、男声定期演奏会の録音でその再演を聞くと、さもありなんと感じる見事なサウンドである。


北村先生のサウンドを聴衆として最初に感銘を受けたのは、1993年1月だか2月だかの関西学院グリークラブ第61回リサイタルで聴いた、堀口大學作詩・多田武彦作曲の男声合唱組曲「雪国にて」。演奏者に新潟県出身者はいないはずなのに、高校時代まで暮らしてきた越後の冬の情景がリアルに演奏から伝わってきたことが不思議でならなかった。

余談。せきが立教大学グリークラブOB男声合唱団に参加していた頃、練習後の酒席で「北村先生の演奏で印象に残っているのは?」と尋ねられたことがある。前掲の話をしたら、とある先輩に冷笑された。その演奏は何かしら不備があったのかもしれないけれど……。当方もともと頭ごなしな物言いが大嫌いなのだが、他人の受けた感銘を否定するようなことはやめようとそのとき改めて思った。



東北地方太平洋沖地震の被災地には、石巻メンネルコールや花巻女声合唱団など、北村先生とご縁のあった合唱団もいくつか存在する。末筆ながら、メンバーの方々は大丈夫であろうか。

コメント(2)

  1. 始めまして、ドイツ在住、上智グリー79年卒T1の高橋です。昨年秋にウボイの話が朝日サイトにあったのを皮切りにネットで相当同好の氏のサイトを見ては古きよき時代と現役後のタダタケを聞いて一年が過ぎました。北村先生の訃報を読んだのはなくなられた直後でした。昨年末、今年の夏までそれぞれいろいろな形で追悼されているのを読んでは先生の息子・孫が何千・何万と居る、自分と同じ思いを共有できる「異母兄弟」だと新たに涙ながらに先生の偉大さを感じてます。さて、「雪国にて」の初演は上智の記念定期演奏会だったことで、OBと合同ステージの曲目となり、全国津々浦々のOBの練習ようにとトリプル・カルテット(というのか?)にて練習用カラオケテープを肌寒い3月だかに録音したのを思い出します。インクのにおいが残るような新譜を見た思い出、最終曲のソロを小生に任せてくれた、自分の本来ヒトに聞かせられるテープ上がりではありませんでしたが、せきさんが模範生関学で聞いて感動したというのは素直にうれしいです。先生は老雪に思い入れが在ったようでした。実父が高田に疎開した先だったり、就職あと信越、北陸線をひっきりなしに出張で乗ることとなり、北陸にて、雪国にての音楽と映像が一体化した経験もあります。3年生でステ・マネ、プログラム印刷兼任で演奏旅行ではポカはする情けない自分にいつも暖かく、福永先生もお迎えした定期演奏会プログラムメッセージに先生には珍しく(関西人の)柔らかさが伝わる筆体にてタッツアンへと名うった封筒を戴き今でも懐かしく、大事にしております。立教といえば、78年相当輝かしい活動をしていたと思い出します。その後フランス歌曲(アーン)やらことばあそび歌第二には先生の指揮棒に一体となった演奏に観客の一人として感動した覚えがあります。
    とりとめもない文面で失礼しました。 

    返信

    高橋(龍)

    • 高橋(龍)さま、いらっしゃいませ。ドイツからありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
      1978年頃というと立教男声が北村先生にご指導いただくようになって間もない時期ですね。
      『雪国にて』にまつわるお話を伺えて喜んでおります。あの組曲からは私「或る誕生」だけ2度ほど歌ったことがあります。うち1度は北村先生の指揮です。

      返信

      せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme