blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

三善晃氏 逝去

作曲家の三善晃氏が去る10月4日午前に心不全で亡くなられました(文化功労者の三善晃さん死去 作曲家 – 47NEWS(よんななニュース))。どうぞ安らかに。

日本合唱史において三善氏出現以前/以後がひとつの境目をなすともいえるぐらい、大勢の後進作曲家へ直接間接多少を問わず影響を及ぼしたことは、既に他のどなたかが指摘なさっているであろうと思います。

パナムジカに楽譜・CDリスト「三善晃追悼ページ」が設けられています。ただしリストアップされているのは三善作品だけを収録した商品だけで、氏以外の作品も併録された商品は別に検索して探す必要があるみたいです。


せきが演奏に参加したことのある三善作品は、今のところ次の4曲です。

  • 二群の男声合唱とピアノのための「路標のうた」(1993年「第42回東京六大学合唱連盟定期演奏会」合同演奏アンコール)
  • 男声合唱版『唱歌の四季』全曲(2004年「第3回東京六大学OB合唱連盟演奏会」立教大学グリークラブOB男声合唱団)※初演
  • 『五つの日本民謡』より「佐渡おけさ」「ソーラン節」(2009年「第1回 にいがたコーラスアンサンブルフェスティバル」新潟ユース合唱団)
  • 混声合唱版『唱歌の四季』全曲(2011年「レディースクワイヤJune 2011コンサート」、2012年「第9回アカンサスコンサート」

新潟ユース合唱団で歌った「佐渡おけさ」「ソーラン節」については、2009年10月22日付け記事「あさって歌う2つの民謡合唱曲」に記しました。また、『唱歌の四季』、特に男声合唱版のことは、2012年1月11日付け記事「三善晃編曲『唱歌の四季』にまつわる折々」に記しました。

あ。『唱歌の四季』は終曲「夕焼小焼」だけ先行して、2003年「第24回立教大学グリーフェスティバル」合同演奏アンコールで歌ったことがあります。


客席で生演奏に接したことのある三善作品は意外と少ないように思います。覚えている限りだと順不同で『のら犬ドジ』『動物詩集(女声合唱版のみ)』『三つの抒情(オリジナルの女声合唱版と、福永陽一郎氏による男声合唱版)』『嫁ぐ娘に』「雪の窓辺で」『唱歌の四季(同声3部合唱版)』『三つの夜想』「ゆめのはじまり」『地球へのバラード』『遊星ひとつ』『蜜蜂と鯨たちに捧げる譚詩』「その日 —August 6—」ぐらい。なお、最初の2つはせきの現役時代に立教大学グリークラブ女声合唱団が演奏に参加したステージです。


実演体験から、音取りは難儀でも、楽曲の姿が分かってくると霧が晴れたようになり、労苦が喜びに転化するという感覚を味わってきました。そこに客席や録音録画で見聞きした経験を重ね合わせると、三善作品は音楽の流れに沿った起伏が明確で、しばしば強いカタルシスを伴う曲が多いという印象を抱いております。


三善氏は多くの合唱曲を残しましたが、混声合唱や女声合唱のために書かれたものが大半で、男声合唱作品は十余作です。

オリジナルの男声合唱曲、もしくはご本人による男声合唱編曲を、以下に列挙しました。譜面が出版されているものは曲名から版元の情報ページにリンクを貼っています。カワイ出版の楽譜は現時点で「リーダーシャッツ21」以外O-D-P(いわゆる受注生産)です。

かつて『三つの時刻』と「路標のうた」の楽譜は合本で販売されていたのですが、ODP化に伴って別々になったんですね。

音源について、現時点では『王孫不帰』『遊星ひとつ』「一人は賑やか」『だれもの探検』全曲や『五つのルフラン』収録曲の一部が収められているCDがパナムジカで購入できるみたいです。『三つの時刻』『クレーの絵本 第2集』『縄文土偶』「いのちのうた」「へんしんのうた」については、クール・ジョワイエによる「いのちのうた」で、『五つのルフラン』全曲については晋友会合唱団による「唱歌の四季」でカバーできるのですが、残念ながら入手困難となっています。

動画サイトでも音源や映像がいろいろ転がっています。著作権的にOKっぽいものだと、法政大学アリオンコールのOBさんがYouTubeで公開している同団現役の演奏会動画が挙げられます。


「公的な作品リストには掲載されていない」ため上記から除いた作品について、参考までに安藤龍明氏のツイートを紹介しておきます。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme