blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2017年のMY合唱ライフまとめ

本記事は昨年ラストの記事というつもりで書いていたものですが、執筆途中で年を越してしまいました。サイト月例更新作業を先に行い、こちらは2018年2つめの記事として公開することと致しました。


一昨昨年2015年一昨年2016年に引き続き、昨年の締めくくりとして合唱ライフ+αをおさらいします。

1月

3日、『喝采、その日その日。うたごころの現場から』読書感想記事を公開。あのあとも本山秀毅さんのFacebookは友達申請せず、たまに覗き見する程度です。Instagramはフォロー致しましたが、Facebookほどには更新されない模様。

28〜29日、アンサンブルLalariの一員として第15回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストフェスティバル部門に出場。本番前夜、捷克乃風との合同リハーサルで、新潟県内でソプラノ歌手として活動する田辺千枝子さん・西谷純代さんと知遇を得る。お二方とはその後コンサートや催事などで何度かお目にかかっております。

2月

5日、「アラウンド・シンガーズ ファイナルコンサート“結”」を聴きに上京。

14日、「合唱団NEWS第19回演奏会」を聴きに行く。

25日、「新潟大学合唱団現役生・OBOG合同演奏会」を聴きに行く。

26日、「新潟シューベルティアーデ Vol.9」を聴きに行く。

3月

5日、長岡リリックホール開館記念20周年事業のひとつとして行われた「モーツァルト「レクイエム」演奏会」を聴きに行く。

11日、『明日も会えるのかな? 群青 3.11が結んだ絆の歌』読書感想記事を公開。

14日午後、「えちごコラリアーズ Whiteday Concert 2017」を聴きに行く。

同じ14日の夜、メロス楽譜(メロス音楽出版)社長・西野一雄氏の追悼記事を執筆・公開。未出版の多田武彦作品が少なからず残っていることが惜しまれるところ。「なまずの孫」シリーズの続編も期待したいところだけど、深澤眞二氏もご多忙で執筆どころか合唱活動も難しそうな様子っぽいです。

20日、「harmonia ensemble 第11回定期演奏会——ドイツロマン派宗教音楽の夕べ」を聴きに上京。

31日、契約職員(非正規雇用)として3年近くお世話になった職場を退職。

4月

1日、何度目かの再就職。しばらくぶりの正社員。おかげさまで平穏無事に勤めております。ただ、ずっと完全週休2日でしたが、今の職場は平日のほか毎月第1・3・5土曜と、たまに祝日が出勤日のため、土曜日に行われる各種催事に出向くことが大幅に制限されるようになりました。Lalariについては各人の都合を申告した上で練習スケジュールを組むため、わたくしの出勤日にも配慮いただき、おかげさまでほぼ皆勤と相成りました。

29日、Tokyo Cantat 2017 オープニングコンサート「第3回紅白合唱合戦」を聴きに上京(前半戦後半戦)。

5月

8日、このブログが間借りするレンタルサーバの引越作業。

13日、「越の国室内合唱団 VOX ORATTA 第2回演奏会」初日を聴きに行く。

14日、「合唱団ユートライ&混声合唱団鈴優会 第2回 Joint Concert」を聴きに行く。

28日、「花いっぱい音楽祭 2017 第12回 音・競・彩・演〜四季を彩る〜」を聴きに行く。演目や出演者については長岡音楽文化協会の公式サイトを参照ください。小林秀雄作品が取り上げられたことが今となっては感慨深いです。合唱関係についてはこのブログには書かなかったですが、ツイートを以下に転載します。

6月

24〜25日、泊まりがけで上京し「第38回立教大学グリーフェスティバル」「CANTUS ANIMAE 第21回演奏会 つながる魂のうた vol.2」「第66回東西四大学合唱演奏会」をはしご。CANTUS ANIMAEの演奏会については当方のコンディションを整えたうえで再度伺いたいなと思っております。

7月

ブログに書いた出来事はLalariの練習くらい。

シューマンの曲だけを演奏する「新潟シューマン協会」が設立され、今年7月9日に「第1回例会 設立記念コンサート」を開きました。Lalariでご一緒している永井昭光さんつながりで伺ったのですが、このブログには書いてませんでしたね。時代背景などのレクチャーと演奏を織り交ぜたコンサートでした。演目の大半は独唱曲とピアノ独奏曲で、エンディングに「Zigeunerleben(流浪の民)」が歌われました。

8月

4日、作曲家・小林秀雄氏の追悼記事を執筆・公開。

6日、新潟オペラスタジオ主催「西川サマーコンサート」を聴く。合唱が演目になかったため当ブログには書いてませんが、笠原ファミリーによる童謡が面白かったですね。

12日、「合唱団お江戸コラリアーず 第16回演奏会」を聴きに上京。

20日、全日本合唱コンクール新潟県大会を聴きに出かけた。当ブログには書いてなかったですね。その日の様子は断続的に実況ツイートしていたので、2017年08月20日のTwilogをご覧ください。

26日、「harmonia ensemble 第12回定期演奏会——三善晃作品個展[第1回-1960年代-]」を聴きに上京。演奏会後にご紹介いただいた「ソプラノ団員にして事務局員を務める斉藤歌織さん」が耕友会出身者ということを最近になって認識しました。

9月

ブログに書いた出来事はLalariの練習くらい。

17日に行われた、えちごコラリアーズ主催の「秋の交歓演奏会 2017」は、Lalariの練習と重なったため叶いませんでした。「てかがみ」でお世話になった梅山登先生が出演者のおひとりで、ご挨拶したかったのですが、機会を逸したまま年を越してしまいました。

10月

7日、「女声アンサンブルiris 創団10周年記念コンサート」を聴きに行く。出勤日と重なったため途中参戦でした。

15日、「第20回 全国「花嫁人形」合唱コンクール」に出場。12月に届いた録音を聴いたところ、反省点がとても多く、賞外だったのは当然という感想を持ちました。ちなみにこの日は立教大学グリークラブ卒業20周年の集い(私は卒団21年目)もあったのですが、日程が判明したのが間際で、分身の術が使えないため欠席しました。

11月

19日、「水玉、スキとキライ。おっちゃんライブ」を聴きに行く。

25〜26日、「第70回全日本合唱コンクール全国大会」大学職場一般部門の鑑賞と立教大学グリークラブOB会総会参加のため上京。感想などの記事を目下執筆中ですが(その1その2その3その4←順次追加していきます)、あまり反応をいただけず、わが発信能力の衰えや当ブログのコンテンツとしての価値の低さを改めて認識させられるところしきりです。

12月

9日、新潟オペラスタジオ主催「江南区ウィンターコンサート 〜雪待ちどきの音楽のつどい〜」を聴く。合唱に類する演目として、うたごえサークルが2団体合同でフォークソングを歌っていました。

10日、第16回リリックホール コーラスフェスティバルを聴きに行く。リポート記事は、コンクール全国大会の記事が完結したら書きます。当面は2017年12月10日のTwilogをご覧くださいませ。


今年も大学合唱団の定期演奏会に行きませんでした。新潟大学医学部合唱団は上京中のため、新大室内合唱団は「リリックホール コーラスフェスティバル」と重なったため、上越教育大学混声合唱団は家の用事と重なったためです。新潟大学合唱団の定期演奏会は本年1月20日の午後ですが、勤務中のため伺えません。この場を借りてご盛会を祈ります。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme