blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2018年のMY合唱ライフまとめ

新しい年を始めるに先立ち、まずは昨年2018年に経験した主な出来事を簡略にまとめておきます。


2015年2016年2017年に引き続き、昨年の締めくくりとして合唱ライフ+αをおさらいします。

1月

8日

追悼記事「多田武彦先生 逝去」を公開。2018年12月12日に初めての祥月命日を迎えましたが、わが観測範囲では一周忌の声はみられませんでした。

そういえば2017年12月22日に作曲家・小山章三氏が亡くなられたのですが、当ブログでは追悼記事を書かなかったことに気づきました。2018年1月5日のツイート群をかわりといたします。

27日

第16回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストの裏方スタッフを務めました。

28日

合唱団Lalariの一員として第16回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストのフェスティバル部門に出場、プーランク作曲『クリスマスの4つのモテット』第2・4曲を女声3名+男声2名(パート移動なく楽譜通りに演奏できる最少人数)で歌う。このステージに向けた練習で得たノウハウを「プーランク作曲『クリスマスの4つのモテット』攻略にあたってのメモ」という記事でまとめました。

2月

演奏会にも出かけず、合唱で歌うこともない一ヶ月でした。大雪による交通手段の乱れや新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストの裏方仕事でもらったと思しき風邪が主な理由です。

3月

4日

「新潟大学合唱団現役生・OBOG合同演奏会」を聴きに行く。この演奏会のリポート記事、書いてなかったんですね。すみません。

10日

えちごコラリアーズ ホワイトデーコンサート 2018」を聴きに行く。

4月

29日

泊まりがけで上京し、まず「第33回四大学女声合唱連盟定期演奏会」を聴く。

30日午後

4月30日昼に都内でポジティブ太郎(混声)を歌う会(略してポジ太会)」に参加。この曲をステージで歌うことになるとは思ってもみませんでした。ただいま練習中ですが、ポジ太会での体験が役立ってます。

30日夜、「小さな夜の音楽会#06」を聴く。

5月

5日

日帰りで上京し「第67回東京六大学合唱連盟定期演奏会」を聴きに行く。

27日

長岡リリックホールへ「花いっぱい音楽祭 2017 第13回」を聴きに行く。幕末を題材にしたミニオペラ「長岡物語」初演。合唱曲は演奏されなかったので当ブログにはリポートを書いてません。

6月

9日

泊まりがけで上京し、夜「第19回北とぴあ合唱フェスティバル第2夜コンサート<ルネサンスは再び生まれる>」を聴く。5月に「もしかしたら拝聴するかも」とツイートしたら、さっそく仁階堂孝先生からチケットのご案内をいただき、手配をお願いしました。

この先は、まだ当ブログにリポートを書いてない出来事です。

10日

6月10日(日)午後に都内で「くちびるに歌を」を歌う企画」に参加。ポジ太会とこれのおかげで、さまざまなご縁ができました。

23日

内野まちづくりセンターホールで、箕輪久夫先生が指揮するレディースクワイヤJune、合唱団にいがた、アンサンブル・ロゼの合同演奏会「合唱樹IV」を聴く。

24日

新潟市北区文化会館で行われた「新潟サブカル合唱団」初練習に参加。ながはな作曲「わかる歌」・森雄太作曲「推しが尊い」を歌う。

7月

1日

日帰りで上京し「創部95周年記念 第39回立教大学グリーフェスティバル」を聴く。レセプションにも参加させていただいた。

14日

長岡市内某所で催されたイベント「第59回サロン・ド・あるこーる」に出席。非公開イベントなので私のほうで詳細を書くことは差し控えます。出演団体のひとつ、越の国室内合唱団 VOX ORATTAによるツイートのみ紹介。

8月

11日

日帰りで上京し「第10回東京六大学OB合唱連盟演奏会」を聴く。この法政・立教合同ステージ『王孫不帰』が、私にとっての「一推し名演奏2018 大賞(© 鯖ことThavatterさん)」。

19日

「第59回新潟県合唱コンクール新潟県大会」を聴く。これについては当日2018年8月19日および翌2018年8月20日のわがツイート群を参照ください。20日のツイートには大会プログラムのスキャン画像があります。

26日

男声合唱団トルヴェール(現在活動休止中)の殿下こと桂木農さんからご案内を頂き、新潟市の万代市民会館で行われた「大滝雄志公開講座 ホップ・ステップ・ジャンプ」を聴講。武蔵野音楽大学同窓会新潟支部の主催。前半はご自身の音楽人生を振り返る講義・講演。後半の声楽公開レッスンコーナーでは、2016年11月に長岡で上演された「てかがみ」ソリストのおひとりである佐藤晶子さんが受講生を務めた。

30日

日付が変わって早々に、追悼記事「西村英将氏 逝去」を公開。

夜、長岡リリックホールコンサートホールへ「さまぁこんさぁと」を聴きに行く。越の国室内合唱団 VOX ORATTA・彩の国コンソーシアム合唱団 KIRARA☆Mixedの交歓演奏会。7月のサロン・ド・あるこーるでご案内をいただいた。

9月

2日

学習型合唱アンサンブル【デメテル・コロディア】初練習@長岡リリックホールに参加。ここの団長さんとは今年始めに出会い、たちまち意気投合、会ってお茶すると数時間が瞬く間という間柄になりました。

18日

新潟市江南区文化会館へ「秋の交歓演奏会 2018」を聴きに出かける。

24日

ギャラリー蔵織@新潟市中央区へ『捷克乃風 presents 「そうだ! 古典に帰ろう!」——イタリア古典歌曲への誘い』を聴きに出かける。声楽アンサンブルユニット捷克乃風(チェコのかぜ)メンバーの一人である田辺千枝子さんと「大滝雄志公開講座 ホップ・ステップ・ジャンプ」でお目に掛かった折、チケットの手配をお願いした。

10月

7日

学習型合唱アンサンブル【デメテル・コロディア】練習@長岡リリックホールに参加。今のところ原則として毎月第1日曜に長岡市内で開催してます。

8日

新潟市南区内の某ファミレスで、2019年1月26〜27日に開催予定の「第17回新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテスト」フェスティバル部門に向けた合唱団Lalariの選曲会議。日本語無伴奏曲をやろうという話になったが行き詰まる。いくつか持参した楽譜の中からダメもとで「ポジティブ太郎」を出したところ、それに決まってしまう。持ち時間には微妙に足りないため、もう1曲1〜2分くらいの日本語無伴奏曲を探すことが宿題となった。

14日

日帰りで上京し「立教大学グリークラブ卒業20周年の集い」に出席。

15日

ツイッターで盛り上がったトピックをもとに「合唱作曲家レア名字ランキング(暫定。2018/10/15版)」を執筆・公開。当座あれが確定ということで問題なさそうです。なお、1位に輝いた名字をお使いの貫輪久美子さんは、近日中にツイッターアカウントを削除・変更する予定とのことです。

28日

デメテル・コロディア団長さんと「おんぶんリレーコンサート」を聴きに新潟市音楽文化会館へ行く。

11月

4日午前中

三条市内にあるメンバーのお宅で合唱団Lalariの選曲会議(前回の宿題だった残り1曲について)兼お試しアンサンブル。決まった曲目についてはLalariのFacebook投稿でチラ見せされてます。

4日午後

学習型合唱アンサンブル【デメテル・コロディア】練習@まちなかキャンパス(長岡駅前)に参加。

24日

泊まりがけで上京。宮藤官九郎演出「ロミオとジュリエット」@本多劇場と、筒井康隆展@世田谷文学館に足を運ぶ。どちらも合唱と無関係なので委細割愛。

25日

タワーホール船堀へ「上智大学グリークラブ 創部65周年記念 第70回定期演奏会」を聴きに行く。多田武彦氏の遺作にあたる男声合唱組曲『心平先生の四季小景』初演。

12月

2日

学習型合唱アンサンブル【デメテル・コロディア】練習@長岡リリックホールに参加。

10日

「第17回リリックホール コーラスフェスティバル」を聴きに行く。聴衆になったのは年内最後。

23日

午前中、三条市内にあるメンバーのお宅で合唱団Lalariの練習。出演メンバー6名が揃ったのは恐らく今回唯一。お子様2名とそのお祖母様(メンバーの親御さん)1名が同伴。

夜、不意に腰の具合がおかしくなる。年が明けた今も徐々に快方へ向かいつつあるものの未だ完治には至らず、ぎっくり腰の可能性を大みそかになって家人から指摘される。

30日

午前中、三条市内にあるメンバーのお宅で合唱団Lalariの練習。歌いおさめ。腰に違和感を抱えたことが耳で合わせるアンサンブル能力へ及ぼしたダメージは想像以上に大きく、普段なら合うはずのオクターブが合わないことしばしば。

31日

追悼記事「大中恩氏 逝去」を公開。当ブログでは2018年最後の記事でした。


そんなわけで、これから当ブログにリポート記事を書くのは「合唱樹IV」以降の出来事ということになります。Lalariやデメテル・コロディアの練習については複数回分をまとめて記すつもりですし、単独の記事にはしないイベントもあります。それでも現在まだ2桁の積み残し。ゆるゆる消化できればと存じますので、気長におつきあいいただければ幸いでございます。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme