blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

慶應ワグネル「演奏資料館」一部公開停止?!

慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の公式サイトに「演奏資料館」というコーナーがあります。過去の演奏をReal Playerで聴けるというもので、日本国内の合唱団サイトが公開している音源アーカイブとしては最大規模ということもあり、男声合唱ファンを中心に広く知られた存在です。

その「演奏資料館」について、最近「四連」「六連」の高音質版ページから音源ファイルのリンクが外されました。http応答ヘッダなどを見ると、どうも今月2日頃にリンク外しの作業が行われたようです。余談ながら、リンク外しの副作用で、曲目リストが中途半端に削除されてめちゃめちゃな状態になっています。

よほど問い合わせが多かったのか、何日か経って、サイトのトップページに下記の断り書きが載りました。

2010/8/12

■ 「演奏資料館」掲載内容に関するご案内 ■
現在、当団の「演奏資料館」につきましては、これまでにお寄せ頂いておりましたご要望に基づき、リニューアルに向けた掲載内容の企画検討を
進めております。検索性能の向上、著作権を始めとした各権利関係の見直し、さらなるコンテンツの充実 等、これまで以上にご利用頂きやすいホームページ環境を目指して参ります。今回の集中メンテナンスに伴い、現段階で掲載の検討段階にあるものは敢えてリンクを外す等の措置を
講じさせて頂いております。ご利用されておられる方には大変ご不便をおかけすることとなり誠に申し訳ございません。何卒上記リニューアルの趣旨に対するご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。なお現在作業中につきリンクの外れている演奏曲目につきましては掲載の確認が取れ次第、これまで通り掲載を予定しておりますので、今しばらくお待ち下さいますよう、重ねてお願いを申し上げます。

また、リニューアル時期に関するご案内は改めてこの場でご報告させて頂きたいと存じます。

注目ポイントは『著作権を始めとした各権利関係の見直し』です。恐らく、著作権そのものというより「著作隣接権」の、主に譲渡権や送信可能化権あたりが問題になっているのでしょう。端的に言えば、四連や六連のような合同演奏会についてワグネルファミリーが演奏に参加していないステージの音源を慶應ワグネルが公開してOKか否かという話と思われます。

この件はかなり前から意識されていたらしく、音源ファイルのリンクが残っているダイアルアップ版「四連」「六連」ページの一覧表右肩に「演奏著作権の許諾申請中」という断り書きが、確か何年も前から付いています。

ただ、その割に「OB合唱団」についてはワグネル外の団の音源も公開され続けているのが引っ掛かるところです。

わが素人考えでは各団(大学合唱団の場合は現役およびOBOG会)から許諾を得れば音源公開にまつわる権利関係はクリアできそうな感じがしますけど、他に何かせきの気づいてない要素があるのかもしれないとも思います。

ともあれ「演奏資料館」の膨大な音源アーカイブは合唱界の財産といえます。今までの規模を維持もしくは拡大する形で決着がつくといいですね。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme