blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

えちごコラリアーズについて聞いてみた

去る8月7日、Fさんという人から当ブログにコメントの書き込みをいただきました。合唱指揮者・伊東恵司氏を音楽監督に招聘して「えちごコラリアーズ」という男声合唱団を立ち上げるので参加してほしいという主旨でした。当ブログのパソコン版サイドバーに貼りつけているFLASH「私信受付窓口」からメール送信ができなかった(iPhoneには対応してないらしい)がゆえの書き込みだそうなので、そのコメントは公開せず、参加希望というメール返信のみで対応しました。


えちごコラリアーズには結構な注目が集まっているようです。

Fさんからのコンタクトから1週間後、ツイッターにえちごコラリアーズという男声合唱団からお誘いをいただいたと書いたところ、予想外の反響がありました。

また、「合唱道楽 歌い人」ブログに8月28日付けで公開された記事「"コラリアーズ”の名称を付した男声合唱団」で同団のことが取り上げられました。「合唱道楽 歌い人」筆者氏が知ったのはせきのツイートとは別経路だったようですが。


8月29日、新潟県コンクール当日。

裏方スタッフが舞台撤収作業前だか後だかに集まっている場に、くだんのFさん(合唱団KKYのメンバーとして出場していた)が挨拶に来ました。せきはFさんの車で新潟駅まで送っていただくことになり、車中でいろいろ話をしました。

Fさんは信州大学卒で、在学中は信州大学グリークラブと信州大学混声合唱団に在籍していました。信州大学混声合唱団では伊東恵司氏の指揮で歌ったことがあり、今回そのご縁で伊東氏をお招きしたという経緯なんだそうです。Fさんと団内指揮者・tek310さんは軽井沢合唱フェスティバル2010で伊東氏にご挨拶したとのことで、伊東氏ご自身のサイト内「リンク集」で『一般合唱団(音楽監督)』にえちごコラリアーズのサイトを加えておられます。

団を立ち上げた動機は「男声合唱を通して、新潟県の合唱界に新風を吹き込みたい」といった感じ。

レパートリーの方向性としては、なにわコラリアーズが取り上げる傾向のもののうち、古今の定番日本人作品や、客席も歌い手も楽しいエンタテインメント系を軸に考えているようです。後者の具体例としては、信州大学グリークラブが伝統的に取り上げているアニメソングの編曲ものなど。なんだか男声合唱団トルヴェールとかぶりまくりのような気がしないでもないのですが……。

伊東氏が音楽監督として団にどれだけかかわってくださるかは、実際に活動が軌道に乗ってからの判断ということみたいです。Fさんは「伊東先生は熱意にきちんと応えてくださる先生。だから自分たちはいい加減なことはできない」と言ってました。


なお、えちごコラリアーズについての質問をせき宛にいただくことがありますが、当方には答えようがないです。「えちごコラリアーズ」公式サイトの「団員募集」ページに記載のメールアドレス宛か、「メール送信フォーム」経由で、Fさんまで問い合わせいただくほうが確実と存じます。


追記(2015年1月)

実名で書いていた登場人物のお名前を「Fさん」表記に変えました。また、えちごコラリアーズ公式サイトとして開設されていたウェブサイトが閉鎖されたため関連する記載を抹消したり、一部のリンクを外したりしました。

コメント(2)

  1. そちらに連絡が舞い込んでいる件につきましては、思わぬ形で御迷惑をおかけしてしまい、大変恐縮です。。。
    トルヴェールさんとは、もちろん共存共栄関係を結びたいと考えておりますし、こうしたらお互いのために良いのではないかというアイディアも用意しております。
    ともかく、男声合唱を共に楽しむことが出来る「仲間」や「ファン」が一人でも多くなるよう全力を尽くしますので、これからもよろしくお願いします!!

    返信

    藤田

    • いらっしゃいませ藤田さん。お誘い有難うございました。まず25日の初練習よろしくお願いします。

      団についての問い合わせが私宛にいくこと自体は迷惑ではないので(今の立場だと回答できる範囲に限りがあって質問者の望む情報が出せないんで申し訳ないって程度です)、どうぞお気になさらず。

      返信

      せき

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme