blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2016/10/25〜26の日記:オペラ「てかがみ」演出稽古

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」稽古、通算第13回および第14回。演出稽古だが、今回は演出助手の方が担当。

〔「2016/10/25〜26の日記:オペラ「てかがみ」演出稽古」続きを読む〕

2016/10/18〜19の日記:オペラ「てかがみ」演出稽古

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」稽古、通算第12回および第13回。今回より演出を担当する西川信廣先生による演出稽古。

〔「2016/10/18〜19の日記:オペラ「てかがみ」演出稽古」続きを読む〕

2016/10/08〜09の日記:オペラ「てかがみ」音楽稽古

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」稽古、通算第10回および第11回。今回は本番を振る指揮者・牧村邦彦先生による音楽稽古。

〔「2016/10/08〜09の日記:オペラ「てかがみ」音楽稽古」続きを読む〕

2016/10/04の日記:オペラ「てかがみ」合唱練習

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」の合唱練習、第9回。


練習冒頭、ひとりひとり自己紹介。せきは「生まれも育ちも住まいも勤め先も長岡の旧市内。合唱歴は四半世紀になるが、地元で歌うのは四半世紀ぶり。オペラは大学時代の二期会オペラ『学生王子』と数年前の『直江の婿えらび』初演に続いて3度目。梅山登先生とは高知県で行われた全日本合唱連盟の男声合唱フェスティバルでお目に掛かり、それがきっかけのひとつで男声パートのまとめ役を仰せつかった」みたいなことをしゃべった。ただし立教グリー出身とは言わず。北村協一先生や皆川達夫先生のお名前に反応する方がいらっしゃるかどうか不安だったので。

20時まではポイントポイントをピックアップしながらのアンサンブル練習。小休止ののち、大半の曲を2回ほどずつ通す練習。

今回は「てかがみ」作曲者にして公演芸術監督を務める池辺晋一郎氏の関係者が2名様ほどおみえだった。東京コンサーツ(マネジメント事務所)の方と、池辺氏のお弟子さんらしき作曲家の方。ちょうどいい機会だったので、休憩中に臨時記号の扱いで一か所不明な点を問い合わせ、すぐお返事をいただいた。

梅山先生による練習はこれで一区切り。今後も練習にいらっしゃる日があるそうだが、今週末からは本番指揮者や演出家による稽古に突入。

舞台衣装はオーダーメイドらしく、次回練習時に胸囲やウエストなどのサイズを知らせて欲しいと事務局から連絡があった。

2016/09/20の日記:オペラ「てかがみ」合唱練習

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」の合唱練習、第8回。


合唱練習は19時スタートで、いつもギリギリに会場入りしていたけど、今回は1時間ほど早目に会場入り。事務局の人しかいらっしゃらず、ほかの合唱団員は18時半過ぎにちらほらと会場入りという状況だった。

前回までは20時まで男女に分かれてパート練習、そのあと全体アンサンブル練習という進め方だったが、今回は終始シアターの舞台上での全体練習。

並び方も変わった。ずっと1列でぐるりと半円形だったところ、今回はまず2列並び。途中からソプラノだけ舞台前方に他パートと向かい合ったり、最後はソプラノだけ他パートに混ざったり。

せきは男声のまとめ役を仰せつかっているが、皆さんきちんと譜面を自学自習なさっているし、もともと吸収力の豊かな人が多いので梅山登先生の指導に対する反応もよいしで、ありがたいことに微に入り細に入りのダメ出しは微量で済んでいる。申し上げていることは「これから演出や振り付けなどが加わる。自分の世界に入り込まず、周りを見渡せる余裕を持とう」「立ち姿を美しく」とかいった程度。

    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme