blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

あさって歌う2つのモテット

きたる10/24に開催される「第1回 にいがたコーラスアンサンブルフェスティバル」で新潟ユース合唱団が取り上げる曲のうち、Giovanni Pierluigi da Palestrina作曲「Sicut cervus」「Super flumina Babylonis」について。
この2曲は、いずれも旧約聖書の「詩篇」からテクストを求めています。
詩篇とは神を賛美する詩で、全150篇あります。詳しくは、日本語版Wikipedia「詩篇」の項を。
いま日本のカトリック教会やプロテスタントで最も多く用いられている新共同訳聖書でいうと、「Sicut cervus」は詩篇42:2(第42篇の第2節)、「Super flumina Babylonis」は詩篇137:1-2(第137篇の第1〜2節)に作曲されたものです。
全音楽譜出版社「イタリア宗教曲集 1」の巻末解説では「詩篇41」「詩篇136」みたいに番号が1つずれていますが、これは別の底本による日本語訳(新改訳聖書など)に付けられている番号です。
詩篇42は全12節(冒頭の「コラの子〜」を1節とカウントした場合)、詩篇137は全9節から成ります。また、詩篇42は詩篇43「Quia tu es Deus」(全5節)と合わせて一つのまとまりを形作ると解釈する人もいます。
「Sicut cervus」については詩篇42・43の全文、「Super flumina Babylonis」については詩篇137の全文を読むと、作曲された部分からは分からないことが見えてきます。そこには、穏健な曲調からは想像がつかないほど激しい心情が描写されてます。ぜひ一読をおすすめします。
ただ、Palestrinaはこれらの詩篇を典礼の場面で歌うために作曲しました。神に捧げる曲である以上、奥に秘められた心情をぶちまけるようなハシタナイことを避けたのでしょうかね? まあ、われわれ現代人も、しかるべき様式を踏まえて演奏したいものです。
「Sicut cervus」で歌われるテーマを一言にまとめるなら「神への渇望」でしょう。第5節以降では、強い信仰心をもって逆境から這い上がろうとする思いが綴られています。
「イタリア宗教曲集 1」の譜面には、原詩と高野紀子氏による日本語詞が併記されています。日本語詞はなるべく同じ譜割りで歌えることを優先したもので、巻頭に「きわめて自由な訳文」と断り書きがあります。
その「Sicut cervus」日本語詞末尾の「とこしえに」は原詩にない単語ですが、作曲されていない部分の原詩を読むと「とこしえに」に深い意味が込められているような感じがします。
「イタリア宗教曲集 1」の巻末解説では「Sicut cervus」の出典について「2節から4節まで」と記されてますが、この曲集には2節による曲の譜面しか載ってません。ハテと思った人もいるはず。
実は、Palestrinaは、3〜4節をテクストにした「Sitivit anima mea」というモテットも作曲しています。「Sicut cervus」のすぐ後に「Sitivit anima mea」をattaccaでつないで演奏することもしばしばありますし、この2曲をまとめ「Sicut cervus」と題して歌うこともあります。CDやYoutube動画などにあるPalestrina「Sicut cervus」の音源で5分を超えるものは、「Sitivit anima mea」を合わせた演奏と思って間違いないでしょう。
「Super flumina Babylonis」はバビロン捕囚で捕虜となったユダヤ人の詩です。
曲中「Sion(シオン)」とは、エルサレムにある「神殿の丘」です。一般にはエルサレム全体を指す場合もありますが、第5節以降に「Jerusalem」が出てくるので、狭義に解釈したほうがよさそうです。
詩篇137全体を通して見ると、聖地エルサレムを忘れまいとする強い念が込められていることが分かります。
第3〜4節で、バビロニア人が捕虜に向かって「座興として、お前らの賛美歌を歌え」と命じられ「異境でそんなことができるかよ!」と反感を抱いたことが描かれています。
すなわち、Palestrinaが作曲した部分に出てくる「flevimus(涙を流した)」はホームシックの涙ではなく、悔しさ・情けなさが込められているのです。また、楽器を柳の枝に掛けたのは、一息ついてということではなく、座興として賛美歌を求められたことへの拒否であり、バビロニア人へのささやかな抵抗ということなのでしょう。
曲が長和音で締めくくられているのは、信仰の強さによる確かな意志のあらわれなのでしょうか。とらわれの状況から脱する希望が込められているのでしょうか。また違う意味でしょうか。
蛇足。Palestrina作曲のモテット「Super flumina Babylonis」には、オッフェルトリウム集の1篇として作曲された5声バージョンもあります。

  • 「Super flumina Babylonis」
  • コメントする

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


      ケータイ利用者さまへ

      当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

      なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

    One in a Million Theme by WordPress theme