blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

【本サイト更新】2017/01/13 00:15

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。

  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • サ行の作曲家
      • SgeyosPの項を更新。
        (「カフェーにて」題名のミスを修正)
    • ハ行の作曲家(ハ〜ヒ)
      • 廣瀬量平の項を更新。
        (永友博信編曲版『海鳥の詩』を追加)
    • ハ行の作曲家(フ〜ホ)
      • 風船お化けラルパの項を新設、「ソーラン節」「白南風黒南風」「時雨」を追加。

SgeyosP作品のミスについては、ご本人から指摘いただきました。失礼いたしました。


永友博信編曲『海鳥の詩』は下記ツイートが出典です。

作曲者ご本人による男声合唱編曲よりあとに作られたのは、当時の情報流通事情によるところが大きいのでしょう。今でこそインターネットのおかげで新作合唱曲の初演情報は誰でもどこでもキャッチしやすくなっていますが、20世紀だと楽譜や録音が市販されていない合唱曲の情報を得ることは、初演演奏会に足を運びやすい環境でない限り、容易ではありませんでした。そんなわけで、名古屋商科大学グリークラブの方々は作曲家本人による男声版の存在を知らなかったのではと思われます。また、作曲者や混声合唱版の出版社に問い合わせるということも思いつかなかったのでしょう。特に、ご自身で作編曲を手掛ける永友氏みたいな御方が身近にいる環境ならば、コンタクトしやすいほうに頼りたくなるという心情も分からないではありません。

『喝采、その日その日。うたごころの現場から』を読みました

合唱指揮者・本山秀毅氏がFacebookに記したことを抜粋再構成した書籍『喝采、その日その日。うたごころの現場から』をパナムジカ出版から出しました。

〔「『喝采、その日その日。うたごころの現場から』を読みました」の続き〕

【本サイト更新】2017/01/01 21:00

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。


あけましておめでとうございます。旧年中お世話になった皆様方におかれましても、そうでない皆様方におかれましても、本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年画像を添付した年賀状について、このたびは三が日のうちにFacebookアカウント seki.koichiroに載せる予定です。Facebookにつきまして、先様が何者か私が存じ上げているお相手からの友達リクエストについては受け付けておりますので、よろしければどうぞ。

2016年のMY合唱ライフまとめ

昨年2015年に引き続き、今年も締めくくりとして合唱ライフをおさらいします。

〔「2016年のMY合唱ライフまとめ」の続きを読む〕

『うたごえの戦後史』を読みました

今年10月下旬に、河西秀哉氏が人文書院から『うたごえの戦後史』という論文集を出しました。せきは11月半ばに買って読み、読書感想文を当ブログに書くと宣言してもいましたが、一か月半ほど塩漬けになってしまいました。

〔「『うたごえの戦後史』を読みました」の続きを読む〕

    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme