blog.合唱アンサンブル.com

せきと申します。ウェブサイト「合唱アンサンブル.com」を動かしております。

ステージ出演予定などは告知カテゴリをご覧ください。

2016/08/21の日記:合唱団「弥彦」第35回コンサート

合唱団「弥彦」のコンサートを、第33回以来、2年ぶりに燕市文化会館まで聴きに出かけてきた。

参加者・スタッフ・来場者の皆様、お疲れ様でした。おかげさまで濃密な音楽を堪能させていただきました。

〔「2016/08/21の日記:合唱団「弥彦」第35回コンサート」の続きを読む〕

2016/07/19および08/09の日記:オペラ「てかがみ」合唱練習

今年11月25日・27日に長岡リリックホール開館20周年記念事業として上演されるオペラ「てかがみ」の合唱練習、第4回と第5回。気が付いたら次の練習が迫っているので、2回分まとめて書く。


7/19

ディクションについて、合唱指導の梅山先生は高田三郎作品を例に出された。男フェスin高知でお目に掛かった影響があるんだろうな。高田作品は長岡でもしばしば演奏されるが、作曲者直系のスタイルをご存知の方はどれだけいらっしゃるだろうか。

せきが梅山先生に高知でも長岡でも言われたのは「男フェスみたいな外部のイベントに参加することは素晴らしい。長岡の人たちにそのときの様子を教えてもらえないか」。せきは他の参加者とあまりしゃべらないのでご要望にお応えするのは難儀なところが大きいのだが……。

8/09

月初あたりにできたチラシが初めて参加者に配られた。

どうも地元参加者の大半は梅山先生の合唱指導(長岡にはいらっしゃらないタイプだと思う)に目を白黒させる人が多かったようだが、5回目にして皆様ようやく馴染み始めてきたように見受けられる。

梅山先生が今回例に出したのは「てかがみ」作曲者でもある池辺晋一郎氏の合唱曲「どろんこのうた」。IQ(知能指数)よりもEQ(感性指数)を大事にしようという池辺氏のメッセージと絡めつつ。

2016/07/08〜10の日記:男フェスin高知(その3)交流会とコンサート本番

「第4回全日本男声合唱フェスティバルin京都」について書いた記事の第3弾です。(第1弾はあらまし、第2弾は須賀敬一教室の参加記録)

しめくくりとなる本記事は、7月9日の夕方〜晩に行われた交流会と、10日に行われた本番について。さすがに一か月以上も経つと記憶は薄れてしまいました。

〔2016/07/08〜10の日記:男フェスin高知(その3)交流会と本番当日〕本編を読む

【本サイト更新】2016/08/07 21:40

「合唱アンサンブル.com」サイト本体を更新しました。更新内容は次の通りです。

  • 「当サイトのアクセス解析リポート」に2016年7月度のデータを追加しました。
  • 「日本の絶版・未出版男声合唱曲」について下記を更新しました。
    • ア行の作曲家(ア)
      • 相澤直人の項を更新。
        (無伴奏男声三部合唱版『ぜんぶ ここに』を追加)
    • カ行の作曲家(カ〜キ)
      • 加藤豊の項を新設、『海の記憶』を追加。
      • 木林淳至の項を新設、「沈黙の彼方から」を追加。
    • サ行の作曲家
      • SgeyosPの項を更新。
        (「カフェーにて」を追加)
    • ナ行の作曲家(ニ〜ノ)
      • 信長貴富の項を更新。
        (「虹の木」出版を反映、「オン ザ ロード」を追加)
    • マ行の作曲家(マ)
      • 丸尾喜久子の項を更新。
        (「すずめ すずめ」初演終了を反映)
    • マ行の作曲家(ミ〜モ)
      • 宮崎誠二の項を更新。
        (『空を指す梢』初演終了を反映)

どうもこのところウェブサイトやブログの更新が遅れ遅れになっています。男フェスin高知のリポートも途中ですし、7月19日の「てかがみ」練習についての記事はまだ手を着けられないまま明後日に次の練習を迎えるというありさまで、心苦しい限りです。

2016/07/08〜10の日記:男フェスin高知(その2)須賀敬一教室に参加してきました

「第5回全日本男声合唱フェスティバルin高知」参加記録、第1弾の続きです。

本記事は、合同演奏に相当する企画のひとつ・須賀敬一氏による「教室」に個人で参加してきたという報告です。

〔2016/07/08〜10の日記:男フェスin高知(その2)〕本編を読む

    ケータイ利用者さまへ

    当ブログは携帯電話から直接アクセスできます。コメントも可能です。

    なお、アクセントやウムラウトが付いたアルファベットや「髙(ハシゴ高)」などの文字を正しく表示できない携帯電話端末が存在するので、そういう文字は代替表記しています。

One in a Million Theme by WordPress theme